電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-27 15:20
URLの類似性を考慮したWWW空間からの関連語収集手法
中出訓規獅々堀正幹北 研二徳島大NLC2008-82
抄録 (和) 関連語の自動収集に関する研究は,自然言語処理システムにおける言語知識辞書
の構築,また,情報検索システムにおける検索質問拡張など,様々な分野で有効
活用されている.特に近年,インターネット技術の発達に伴い,WWW空間から関連
語を自動収集する研究が活発に取り組まれている.本稿では,基底単語を準備し,
その基底単語の関連語をWWW空間から効率的に自動収集する手法を提案する.
本手法では基底単語を既存のWWW検索システムに入力して得られる検索結果のURL
集合と,関連候補語を入力として得られるURL集合との間に類似性があることに
着目し,パス毎のURLに重みづけを行うことにより,基底単語のURL集合と類似し
たURL集合を有する単語を関連語として収集する. 
(英) The method to gather related keywords automatically is used in the
construction of the dictionary on natural language processing systems
and query expansion on information retrievals.In recent years, the
gatheing methods from WWW space have been studied activity.
In this paper, we propose the gatheing method from WWW space by using
related basis words.On this method,we paid attention that the URL of retrieval result has commonness,weight is given at the time of each
passing URL, and Web site is specified that it has a high related basis words.And, related words are collected there.
キーワード (和) 情報検索 / Webとインターネット / 知識発見 / テキストDB / / / /  
(英) Infomation retrieval / Web and Internet / Knowledge discovery / text DB / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 408, NLC2008-82, pp. 65-70, 2009年1月.
資料番号 NLC2008-82 
発行日 2009-01-19 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2008-82

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2009-01-26 - 2009-01-27 
開催地(和) 倉敷市芸文館 
開催地(英)  
テーマ(和) 「ユニバーサルコミュニケーションを実現するための言語処理技術」シンポジウム 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2009-01-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) URLの類似性を考慮したWWW空間からの関連語収集手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A collection method of related words from WWW based on the Similarity of URL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報検索 / Infomation retrieval  
キーワード(2)(和/英) Webとインターネット / Web and Internet  
キーワード(3)(和/英) 知識発見 / Knowledge discovery  
キーワード(4)(和/英) テキストDB / text DB  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中出 訓規 / Kuninori Nakade / ナカデ クニノリ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 獅々堀 正幹 / Masami Shishibori / シシボリ マサミ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 研二 / Kenji Kita / キタ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-27 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2008-82 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2009-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会