お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-27 11:30
同調的対話システム構築のための音声対話コーパスの構築
柏岡秀紀翠 輝久大竹清敬堀 智織中村 哲NICT/ATRNLC2008-78
抄録 (和) 現在,我々は京都観光案内をタスクとする同調的対話システムの研究開発を進めている.音声を中心とした対話システムのプロトタイプを作成し,対話の制御を統計的手法により実現することを目指して,京都観光案内対話コーパスの構築を進めている.本稿では,構築を進めている京都観光案内対話コーパスについて述べる.こ
のコーパスは京都観光についてのエキスパートガイドとの対話を収録したものであり,対面,非対面,WOZ形式の対話を収録している.収録している対話に対し,対話行為タグを付与し,対話制御モデルの学習に利用することを検討している.また,作成しているプロトタイプシステムについても紹介する. 
(英) We are developing two types of dialog system for Kyoto sightseeing task. Our development systems are proto-type system that mainly used speech information. One of our system is mobile type system that works in any place. And the other of our system is multi-modal system that has 52-inch display. We describe our proto-type systems in this paper. And also we show our collected dialog corpus about Kyoto sightseeing dialogs. We collected these dialogs in three ways: 1) dialog via face-to-face, 2) dialog through lines with speech and information display (without face image), 3) wizard of oz style.
キーワード (和) 音声対話 / 統計的対話制御 / 対話コーパス / / / / /  
(英) Spoken Dialog / Statistical Dialog Management / Dialog Corpus / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 408, NLC2008-78, pp. 43-48, 2009年1月.
資料番号 NLC2008-78 
発行日 2009-01-19 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2008-78

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2009-01-26 - 2009-01-27 
開催地(和) 倉敷市芸文館 
開催地(英)  
テーマ(和) 「ユニバーサルコミュニケーションを実現するための言語処理技術」シンポジウム 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2009-01-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同調的対話システム構築のための音声対話コーパスの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Constructing Spoken Dialog Corpus for Development Statistical Dialog Management 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声対話 / Spoken Dialog  
キーワード(2)(和/英) 統計的対話制御 / Statistical Dialog Management  
キーワード(3)(和/英) 対話コーパス / Dialog Corpus  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏岡 秀紀 / Hideki Kashioka / カシオカ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT/ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 翠 輝久 / Teruhisa Misu / ミス テルヒサ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT/ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 清敬 / Kiyonori Ohtake / オオタケ キヨノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT/ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 智織 / Chiori Hori / ホリ チオリ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT/ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT/ATR)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT/ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-27 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2008-78 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2009-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会