お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-27 10:00
事例の重み付けに基づく自動獲得されたコーパスの効果的な利用法と評価極性分類への応用
中川哲治乾 健太郎NICT)・黒橋禎夫京大NLC2008-75
抄録 (和) 本稿では,自動獲得されたラベル付きデータを利用して,統計的な分類器に基づく評価極性分類の精度を改善させる方法について述べる.
正解ラベルの付与された訓練データは機械学習に基づく自然言語処理を行う上で非常に重要であり,これまでにラベル付きデータを自動的に収集する方法がいくつか提案されている.
しかしながらそのようなデータは誤りを含んでいる可能性があるため,訓練データとして直接利用するには適さない可能性がある.
そこでこの問題に対処するために,ラベルの確信度により事例の重み付けを行う方法を提案する.
実験の結果,提案手法を用いて自動獲得されたラベル付きデータを利用することにより,評価極性分類の精度を向上させることができた. 
(英) In this paper, we present a method to utilize automatically collected labeled data for improving sentiment classification with statistical classifiers.
Labeled training data is essential in machine learning based NLP, and several methods have been proposed so far for automatically collecting labeled data.
However, such data may contain errors and may not be directly used as training data.
We propose an instance weighting method using label confidence for coping with the problem.
Experimental results showed that the method can improve the performance of sentiment classification using an automatically collected labeled data.
キーワード (和) 事例の重み付け / 感情極性分類 / ドメイン適応 / / / / /  
(英) Instance weighting / Sentiment classification / Domain adaptation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 408, NLC2008-75, pp. 25-30, 2009年1月.
資料番号 NLC2008-75 
発行日 2009-01-19 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2008-75

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2009-01-26 - 2009-01-27 
開催地(和) 倉敷市芸文館 
開催地(英)  
テーマ(和) 「ユニバーサルコミュニケーションを実現するための言語処理技術」シンポジウム 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2009-01-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事例の重み付けに基づく自動獲得されたコーパスの効果的な利用法と評価極性分類への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Instance Weighting for Utilizing Automatically Constructed Corpus and its Application to Sentiment Classification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事例の重み付け / Instance weighting  
キーワード(2)(和/英) 感情極性分類 / Sentiment classification  
キーワード(3)(和/英) ドメイン適応 / Domain adaptation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 哲治 / Tetsuji Nakagawa / ナカガワ テツジ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 健太郎 / Kentaro Inui / イヌイ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒橋 禎夫 / Sadao Kurohashi / クロハシ サダオ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-27 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2008-75 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2009-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会