お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-24 17:00
高機能自閉症児のための絵記号コミュニケーション学習支援の実践
村田育也北海道教大)・田実 潔北星学園大)・井筒勝信北海道教大)・辰己丈夫東京農工大ET2008-90
抄録 (和) 経済産業省が制定した「コミュニケーション支援用絵記号デザイン(JIS絵記号)」を用いて,高機能自閉症児のためのコミュニケーション学習支援を行った.高機能自閉症児と健常児に対して,JIS絵記号を用いたいくつかのコミュニケーション課題を与え,その答え方の違いに着目して,高機能自閉症児が健常児と同じ答え方に気付けるように工夫した絵記号コミュニケーション学習支援教材を開発し,それを高機能自閉症児ら5人に対して実践した.その結果,どの被験児も初めは共通性のある誤答を選択するが,規則性に気付くと容易に正解を見つけることがわかった. 
(英) The present study attempted to support five children with High Functioning Autism (HFA) in learning effective communication, using "Pictogram Designs for Communicative Aid (JIS Pictograms)" created and distributed by Ministry of Economy, Trade and Industry. First, we conducted a pilot experiment, in which some tasks were given to both a child with and three children without HFA. The answers given by the child with HFA remarkably differ from those given by the other children. Focusing on the difference, we devised a learning support material that would aid the child with HFA in reaching the same answers that the other children typically gave. In the second experiment, the material was tested on five children with Autism including the subject of the pilot experiment. The result was: all the children with Autism tended to make very similar or the same mistakes in the tasks but they reached the correct answers once they found some regularity in the pictogram sentences.
キーワード (和) 特別支援教育 / 教材開発 / 高機能自閉症 / 絵記号 / コミュニケーション / / /  
(英) Special Needs Education / Development of Learning Materials / High Functioning Autism / Pictogram / Communication / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 406, ET2008-90, pp. 93-98, 2009年1月.
資料番号 ET2008-90 
発行日 2009-01-17 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-90

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-01-24 - 2009-01-24 
開催地(和) 国立特別支援教育研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 障害者教育・特別支援教育 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-01-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高機能自閉症児のための絵記号コミュニケーション学習支援の実践 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Case Study of Learning Support of Pictogram Communication for Children with High Functioning Autism 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 特別支援教育 / Special Needs Education  
キーワード(2)(和/英) 教材開発 / Development of Learning Materials  
キーワード(3)(和/英) 高機能自閉症 / High Functioning Autism  
キーワード(4)(和/英) 絵記号 / Pictogram  
キーワード(5)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 育也 / Ikuya Murata / ムラタ イクヤ
第1著者 所属(和/英) 北海道教育大学 (略称: 北海道教大)
Hokkaido University of Education (略称: Hokkaido Univ. of Education)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田実 潔 / Kiyoshi Tajitsu / タジツ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 北星学園大学 (略称: 北星学園大)
Hokusei Gakuen University (略称: Hokusei Gakuen Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井筒 勝信 / Katsunobu Izutsu / イヅツ カツノブ
第3著者 所属(和/英) 北海道教育大学 (略称: 北海道教大)
Hokkaido University of Education (略称: Hokkaido Univ. of Education)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 辰己 丈夫 / Takeo Tatsumi / タツミ タケオ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-24 17:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-90 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会