電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 09:20
エージェント間の連係形成における利益・価格のカオス性変動の解析とその制御
時永祥三九大)・松野成悟宇部高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,エージェント間の連係形成における利益・価格のカオス性変動の解析と,その制御について述べる.まず,生産を行う単独の企業エージェントとこれに協力する外部エージェントが存在するモデルを考察し,外部エージェントからの資本と労働をコストを負担して用いる場合に,連係の度合いに応じてエージェントの利益にカオス的な振動が発生することを示す.次に,複数の企業エージェントと外部エージェントが競合する形式にモデルを拡張した連係関係をモデル化し,同様にエージェントの利益にカオス的な変動が見られることを示す.さらに,カオス的変動が発生するメカニズムとその均衡点が推定可能であることを用いて,このようなカオス的変動を制御する方法を示す. 
(英) This report deals with the chaoticity analysis of profits/prices in formalizing of collaboration among agents and their controls. We assume that a firm agent produces goods by using support of another outer agent with several cost of labor usage. Then, it is shown that the wealth of firm agent reveals chaotic fluctuation depending on the rate of collaboration among agents for single firm case as well as multi-agent systems. We utilize the control (suppression) scheme for the chaotic fluctuation base on the control of chaos.
キーワード (和) 企業間連係 / マルチエージェント / カオス性変動 / ネットワーク構造 / カオス制御 / / /  
(英) Collaboration / Multi-agents / Chaotic fluctuation / Network structure / Control of chaos / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 389, NLP2008-115, pp. 119-124, 2009年1月.
資料番号 NLP2008-115 
発行日 2009-01-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) ホテルマリックス(宮崎) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-01-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エージェント間の連係形成における利益・価格のカオス性変動の解析とその制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Chaoticity Analysis of Profits/Prices in Formalizing Collaboration among Agents and their Controls 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 企業間連係 / Collaboration  
キーワード(2)(和/英) マルチエージェント / Multi-agents  
キーワード(3)(和/英) カオス性変動 / Chaotic fluctuation  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク構造 / Network structure  
キーワード(5)(和/英) カオス制御 / Control of chaos  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 時永 祥三 / Shozo Tokinaga / トキナガ ショウゾウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 成悟 / Seigo Matsuno / マツノ セイゴ
第2著者 所属(和/英) 宇部工業高等専門学校 (略称: 宇部高専)
Ube National College of Technology (略称: Ube Kosen)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2008-85,IEICE-NLP2008-115 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.388(CAS), no.389(NLP) 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-01-15,IEICE-NLP-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会