電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 15:10
マルチセンサ環境と携帯電話の協調技術に関する検討
中澤 仁由良淳一慶大)・岩本健嗣横山浩之KDDI研)・徳田英幸慶大USN2008-88
抄録 (和) 無線センサノードを、ユビキタスサービスにおける様々な用途に広く利用するためには、多くの無線センサノードと協調的に動作しながら情報を交換する機能を、人々がいつも持ち歩いている携帯デバイスにおいて動作させることが重要である。本稿で、携帯電話上でユビキタスセンサネットワークアプリケーションを動作可能とするための技術として開発した、(1) センサ情報トランシーバ、(2) センサ情報収集ソフトウエア、および(3)Zigbee 環境情報センサについて報告する。利用者は、センサ情報レシーバを携帯電話に装着し、所望のアプリケーションをダウンロード、インストールするだけで、周囲の無線センサノードを利用したユビキタスサービスを享受できる。従って本技術は、今後のセンサネットワークならびにユビキタスサービスの普及に資するものである。 
(英) Federation of ubiquitous applications to our daily lives requires to enable the use of those applications on terminals that end-users can use without intensive knowledge on computers or networks. This paper presents the techniques for cellular phones to achieve this goal, which consists of (1) a sensor data tranceiver for cellular phones, (2) software for sensor data utilization, and (3) a Zigbee-based environment monitoring sensor. Users are allowed to leverage ubiquitous services provided by cellupar phone applications just by downloading and installing the applications to their phones. The presented techniques are thus the fuel to boost the federation of ubiquitous services to end-users.
キーワード (和) センサネットワーク / 携帯電話 / インタオペラビリティ / ユビキタスサービス / 運用技術 / / /  
(英) sensor networks / cellular phones / interoperability / ubiquitous services / operation technique / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 399, USN2008-88, pp. 149-154, 2009年1月.
資料番号 USN2008-88 
発行日 2009-01-15 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード USN2008-88

研究会情報
研究会 USN MoNA  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) 名古屋工業大学(講堂会議室) 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology (Auditorium) 
テーマ(和) モバイルP2P、ユビキタスネットワーク、アドホックネットワーク、センサネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2009-01-USN-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチセンサ環境と携帯電話の協調技術に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Technique for Interoperability of Sensor Networks and Cellular Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor networks  
キーワード(2)(和/英) 携帯電話 / cellular phones  
キーワード(3)(和/英) インタオペラビリティ / interoperability  
キーワード(4)(和/英) ユビキタスサービス / ubiquitous services  
キーワード(5)(和/英) 運用技術 / operation technique  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 仁 / Jin Nakazawa / ナカザワ ジン
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 由良 淳一 / Jun'ichi Yura / ユラ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 健嗣 / Takeshi Iwamoto / イワモト タケシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Research and Development Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 浩之 / Hiroyuki Yokoyama / ヨコヤマ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Research and Development Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 英幸 / Hideyuki Tokuda / トクダ ヒデユキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2008-88 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会