電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 13:00
一般の凸2次計画問題に対する分割法の大域収束性について
小林裕太高橋規一九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 凸2次計画問題は線形制約条件の下で凸2次関数を最小化する最適化問題であり,様々な分野で応用されている.著者らは最近,SVMの効率的学習法として知られる分割法を基に凸2次計画問題の新たな解法アルゴリズムを提案し,数値実験によってその有効性を確認した.本稿では,このアルゴリズムの大域収束性について理論的考察を行う. 
(英) A convex quadratic programming (QP) problem, which plays important roles in many fields, is an optimization problem to minimize a convex quadratic function subject to some linear constrains. Recently, the authors have developed a new algorithm for solving general convex QP problems, which is based on the decomposition method for the training of support vector machines, and confirmed its effectiveness through experiments. In this report, we analyze theoretically the global convergence property of the algorithm.
キーワード (和) 凸2次計画問題 / 分割法 / 大域収束性 / サポートベクトルマシン / / / /  
(英) convex quadratic programming problem / decomposition method / global convergence / support vector machine / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 389, NLP2008-122, pp. 159-163, 2009年1月.
資料番号 NLP2008-122 
発行日 2009-01-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) ホテルマリックス(宮崎) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-01-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一般の凸2次計画問題に対する分割法の大域収束性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Global Convergence of a Decomposition Method for General Convex Quadratic Programming Problems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 凸2次計画問題 / convex quadratic programming problem  
キーワード(2)(和/英) 分割法 / decomposition method  
キーワード(3)(和/英) 大域収束性 / global convergence  
キーワード(4)(和/英) サポートベクトルマシン / support vector machine  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 裕太 / Yuta Kobayashi / コバヤシ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2008-92,IEICE-NLP2008-122 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.388(CAS), no.389(NLP) 
ページ範囲 pp.159-163 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2009-01-15,IEICE-NLP-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会