お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 09:25
光パルスの非線形伝搬がBOTDAによる歪・温度分布測定に及ぼす影響に関する数値シミュレーション
小山田弥平・○辻 直哉茨城大OFT2008-80
抄録 (和) BOTDA(Brillouin optical time-domain analysis)による歪および温度の分布測定においては、測定用の光パルスが被測定ファイバ中を強い自己位相変調および誘導ブリユアン散乱を受けながら伝搬するため、その周波数スペクトルは伝搬距離とともに変化する。本稿では、このスペクトル変化が歪および温度の測定に及ぼす影響を数値シミュレーションによって評価した。その結果、光パルスのスペクトル変化によって、見掛け上の(BOTDAで測定される)ブリユアン周波数が実際のブリユアン周波数から大きく(1MHz以上)乖離し得ることがわかった。1MHzのブリユアン周波数の差は20μεの歪または1℃の温度の差に相当する。これらの差は直ちに測定誤差に結びつくものではないが、その影響を除去するためには、光パワならびに光ファイバの損失を綿密に管理する必要がある。 
(英) This paper presents a numerical simulation of the nonlinear pulse propagation effect on the distributed strain and temperature measurement with the Brillouin optical time-domain analyzer (BOTDA) . The pulse shape is deformed by the stimulated Brillouin scattering and the carrier frequency is shifted by the self phase modulation as the pulse propagates down the fiber. As a result, the Brillouin frequency of fiber (i.e. strain and temperature) measured with the BOTDA becomes different from the true one. The difference can be more than several mega hertz that is larger than the noise-caused measurement error.
キーワード (和) ファイバセンサ / ブリユアン散乱 / 分布測定 / 歪測定 / 温度測定 / / /  
(英) Fiber sensor / Brillouin scattering / distributed measurement / strain measurement / temperature measurement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 395, OFT2008-80, pp. 45-49, 2009年1月.
資料番号 OFT2008-80 
発行日 2009-01-15 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2008-80

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2009-01-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光パルスの非線形伝搬がBOTDAによる歪・温度分布測定に及ぼす影響に関する数値シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical simulation of nonlinear pulse propagation effect on distributed strain and temperature measurement with BOTDA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ファイバセンサ / Fiber sensor  
キーワード(2)(和/英) ブリユアン散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(3)(和/英) 分布測定 / distributed measurement  
キーワード(4)(和/英) 歪測定 / strain measurement  
キーワード(5)(和/英) 温度測定 / temperature measurement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山田 弥平 / Yahei Koyamada / コヤマダ ヤヘイ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 直哉 / Naoya Tsuji / ツジ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2008-80 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OFT-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会