電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 10:55
チョッパースタビライゼーションおよび相関2重サンプリングを用いたデルタ・シグマ変調器の一設計
兒玉祐樹淡野公一宮内亮一宮崎大)・田中 寿都城高専)・田村宏樹宮崎大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) デルタ・シグマ変調器における低周波領域では,その回路ブロックであるスイッチトキャパシタ積分器内の増幅器における$1/f$雑音が,信号対ノイズ比(SNR)劣化の要因となる.そこで本論文では,チョッパースタビライゼーション及び相関2重サンプリングを適用したスイッチトキャパシタ積分器を用いてデルタ・シグマ変調器を構成し,その変換精度向上に対する有用性の比較検証を行った. 
(英) This paper describes improvement of the signal-to-noise ratio (SNR) in delta-sigma modulators. The $1/f$ noise in an amplifier used in the switched capacitor integrator degrade the SNR. In order to improve it, we apply two techniques of the chopper stabilization and correlated double sampling to the integrator. In this paper, the comparison results between two techniques through HSPICE simulation is reported.
キーワード (和) デルタ・シグマ変調器 / $1/f$雑音 / SNR / チョッパースタビライゼーション / 相関2重サンプリング / / /  
(英) delta-sigma modulator / $1/f$ noise / SNR / Chopper Stabilization / Correlated Double Sampling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 388, CAS2008-89, pp. 143-146, 2009年1月.
資料番号 CAS2008-89 
発行日 2009-01-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) ホテルマリックス(宮崎) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2009-01-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) チョッパースタビライゼーションおよび相関2重サンプリングを用いたデルタ・シグマ変調器の一設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design of Delta-Sigma Modulator Using Chopper Stabilization and Correlated Double Sampling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デルタ・シグマ変調器 / delta-sigma modulator  
キーワード(2)(和/英) $1/f$雑音 / $1/f$ noise  
キーワード(3)(和/英) SNR / SNR  
キーワード(4)(和/英) チョッパースタビライゼーション / Chopper Stabilization  
キーワード(5)(和/英) 相関2重サンプリング / Correlated Double Sampling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兒玉 祐樹 / Yuki Kodama / コダマ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡野 公一 / Koichi Tanno / タンノ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 亮一 / Ryoichi Miyauchi / ミヤウチ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 寿 / Hisashi Tanaka / タナカ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) 都城工業高等専門学校 (略称: 都城高専)
Miyakonojo National College of Technology (略称: Miyakonojo Nat'l Coll of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 宏樹 / Hiroki Tamura / タムラ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 10:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2008-89,IEICE-NLP2008-119 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.388(CAS), no.389(NLP) 
ページ範囲 pp.143-146 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2009-01-15,IEICE-NLP-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会