お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 14:40
[招待講演]安全運転支援のためのITS車車間通信システムの研究開発
三浦 龍大山 卓シャグダル オユーンチメグ四方博之酒井敏宏小花貞夫ATRSR2008-83
抄録 (和) 出会い頭の衝突や右折事故等の交通事故の削減を図るための手段として,無線による車車間通信技術を活用する研究開発が進められている.ATRでは多くの車が行き交う現実の道路環境においても常に低遅延で確実な情報伝達を可能とするスプレッドアロハ方式をベースとしたマルチホップ通信技術であるMM-SA (Muliti-carrier Multi-code Spread ALOHA)方式を開発し,5.8GHz帯を利用した車車間通信への適用を想定してCSMA/CA方式との性能比較評価を行ってきた.MM-SA方式ではCSMA/CAで達成の困難だった多数の車両がパケット送信する環境での100%近いパケット到達率および数ミリ秒オーダのパケット到達遅延時間が実現できる.本講演では本方式の概要を紹介する. 
(英) R&D on wireless inter-vehicle communications is undergoing to reduce the number of traffic accidents, such as crossing collisions and right-turn collisions. ATR developed a multi-hop communication technique (MM-SA: Multi-carrier Multi-code Spread ALOHA), which is based on the spread ALOHA access scheme to achieve high reliability and low latency in the real traffic environment with many cars. The performance of this technique has been evaluated assuming the inter-vehicle communication using 5.8 GHz band, compared with CSMA/CA. The MM-SA achieves the packet success probability as high as almost 100% and the transmission latency as small as several milliseconds. This paper presents the overview of this technique.
キーワード (和) 安全運転支援システム / 車車間通信 / スプレッドアロハ / CSMA/CA / マルチホップ転送 / ITS / /  
(英) safety driving support system / inter-vehicle communications / spread ALOHA / CSMA/CA / multi-hop packet forwarding / ITS / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 400, SR2008-83, pp. 91-96, 2009年1月.
資料番号 SR2008-83 
発行日 2009-01-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2008-83

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) 京都大学(京大会館) 
開催地(英) Kyoto University 
テーマ(和) コグニティブ無線, 招待講演、一般 
テーマ(英) Cognitive radio, invited talk, and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2009-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安全運転支援のためのITS車車間通信システムの研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) R&D on Inter-Vehicle Communication System for ITS to Assist Safe Driving 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 安全運転支援システム / safety driving support system  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / inter-vehicle communications  
キーワード(3)(和/英) スプレッドアロハ / spread ALOHA  
キーワード(4)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(5)(和/英) マルチホップ転送 / multi-hop packet forwarding  
キーワード(6)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第1著者 所属(和/英) (株)国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advance Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 卓 / Takashi Ohyama / オオヤマ タカシ
第2著者 所属(和/英) (株)国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advance Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) シャグダル オユーンチメグ / Oyunchimeg Shagdar / シャグダル オユーンチメグ
第3著者 所属(和/英) (株)国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advance Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) (株)国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advance Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 敏宏 / Toshihiro Sakai / サカイ トシヒロ
第5著者 所属(和/英) (株)国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advance Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小花 貞夫 / Sadao Obana / オバナ サダオ
第6著者 所属(和/英) (株)国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advance Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 14:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2008-83 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.400 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会