電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 10:00
カオス理論とLFSR系列に基づいた負相関スペクトル拡散符号のビット誤り率特性
常田明夫宮崎靖規熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 非同期CDMA(符号分割多元接続)方式では,適切な負の自己相関をもった系列を
スペクトル拡散符号として使用することで,従来の線形フィードバックシフトレ
ジスタ(LFSR)系列よりもビット誤り率を低減することが可能である.負相関系
列は,一次元カオス写像を利用することによって生成可能であるが,その符号生
成器はLFSRよりも複雑で高価となる.本稿では,LFSRにより生成されるM系列お
よびGold系列を基にして設計した負相関スペクトル拡散符号を用いて,非同期
CDMA通信のシミュレーションを行い,そのビット誤り率を評価する. 
(英) In asynchronous DS/CDMA systems, spreading sequences with appropriate
negative auto-correlation properties can outperform conventional LFSR
(linear feedback shift register) sequences with respect to bit error
rate (BER) performance. Spreading sequences with negative
auto-correlations can be generated by using one-dimensional chaotic maps
but their hardware cost is more expensive than LFSRs. We
have designed spreading sequences with negative auto-correlations based on
chaos theory and LFSR sequences. In this paper, we investigate
BER performances of the proposed sequences in asynchronous DS/CDMA
systems by computer simulations.
キーワード (和) LFSR / カオス理論 / 負相関 / 非同期CDMA / ビット誤り率 / / /  
(英) LFSR / chaos theory / negative correlation / asynchronous CDMA / BER / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 389, NLP2008-117, pp. 131-136, 2009年1月.
資料番号 NLP2008-117 
発行日 2009-01-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) ホテルマリックス(宮崎) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-01-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス理論とLFSR系列に基づいた負相関スペクトル拡散符号のビット誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BER Performance of Spreading Sequences with Negative Auto-correlations Based on Chaos Theory and LFSR Sequences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LFSR / LFSR  
キーワード(2)(和/英) カオス理論 / chaos theory  
キーワード(3)(和/英) 負相関 / negative correlation  
キーワード(4)(和/英) 非同期CDMA / asynchronous CDMA  
キーワード(5)(和/英) ビット誤り率 / BER  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 常田 明夫 / Akio Tsuneda / ツネダ アキオ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 靖規 / Yasunori Miyazaki / ミヤザキ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2008-87,IEICE-NLP2008-117 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.388(CAS), no.389(NLP) 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-01-15,IEICE-NLP-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会