電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-23 09:40
デジタルスパイクニューロンが生成するIRSの相関特性について
平田 昂鳥飼弘幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,インパルス符号によるUltra Wideband無線通信の研究が盛んに行われている.
UWB技術による通信では複数のインパルス符号の相関値の抑制が必要となる.
本稿ではDigital Spiking Neuronの繰り返し学習によってインパルス列を生成する.
そして,そのインパルス列の符号としての相関特性について符号数を粗造な限界値とともに考察する. 
(英) In recent years, the Ultra Wideband (UWB) impulse radio has been much studied.
For UWB impulse radio, we must generate some codewords that both their auto-correlation values and cross-correlation values have lower values.
In this paper, by iteration learning of Digital Spiking Neurons, we can get some good impulse sequences to use as the cordwords.
And, we put the correlation properties of the codewords in perspective of the number of codewords with some rough bounds of them.
キーワード (和) UWB / スパイクニューロン / シフトレジスタ / 繰り返し学習 / / / /  
(英) UWB / Spiking Neuron / Shift Register / Iteration Learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 389, NLP2008-116, pp. 125-129, 2009年1月.
資料番号 NLP2008-116 
発行日 2009-01-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) ホテルマリックス(宮崎) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-01-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルスパイクニューロンが生成するIRSの相関特性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On correlation properties of Impulse Radio Sequences generated by Digital Spiking Neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(2)(和/英) スパイクニューロン / Spiking Neuron  
キーワード(3)(和/英) シフトレジスタ / Shift Register  
キーワード(4)(和/英) 繰り返し学習 / Iteration Learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 昂 / Akira Hirata / ヒラタ アキラ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥飼 弘幸 / Hiroyuki Torikai / トリカイ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-23 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2008-86,IEICE-NLP2008-116 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.388(CAS), no.389(NLP) 
ページ範囲 pp.125-129 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2009-01-15,IEICE-NLP-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会