電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-22 13:00
On the Memory Capacity and Invariant Measure of Chaos Associative Model
Masahiro NakagawaNagaoka Univ. of Tech.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In this paper, the memory capacity of the autoassociative model is investigated on the basis of the statistical neuronic approach to explore the
advantage the present chaos neuron model with the sinusoidal activation function. In practice the Frobenius-Perron equations for a few chaos neurons are solved
by means of the Fourier expansion scheme in order to derive the invariant measure. To explore the importance of the symmetry of the invariant measure, i.e.
chaos neuron dynamics previously proposed, the simultaneous linear characteristic equation for the expansion coefficients will be numerically evaluated. It is
also concluded that the symmetry of the invariant measure, which is found to be different for each chaos neurons, may be closely related to the ability of the
chaos neurons applied to the practical applications with the neural networks, e.g. associative memory and learning model etc.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Chaos / Associative Memory / Invariant Measure / Memory Capacity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 389, NLP2008-101, pp. 41-46, 2009年1月.
資料番号 NLP2008-101 
発行日 2009-01-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) ホテルマリックス(宮崎) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-01-CAS-NLP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Memory Capacity and Invariant Measure of Chaos Associative Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Chaos  
キーワード(2)(和/英) / Associative Memory  
キーワード(3)(和/英) / Invariant Measure  
キーワード(4)(和/英) / Memory Capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 匡弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-22 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2008-71,IEICE-NLP2008-101 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.388(CAS), no.389(NLP) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2009-01-15,IEICE-NLP-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会