お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-22 13:00
[招待講演]ユビキタスセンサーネットワークにおけるビジネス展開
実藤 亨ナシュア・ソリューションズ)・井上真杉大西真晶NICT)・森野博章NICT/芝浦工大MoMuC2008-74 USN2008-66
抄録 (和) ユビキタスセンサーネットワーク技術を利用したビジネス展開を考えた場合、現状漠然とした疑問点が存在する。まず、マ
ーケットニーズそのものは大きく見えるが、実際にビジネスとして採算が取れるまでにどのようなマイルストーンが存在する
のか?また、あと何年で採算性の見合うマーケットに成長できるのか?さらに、従来ネットワークビジネスと本質的に何が異
なるのか?何が斬新なのか?そして誰がユビキタスセンサーネットのビジネスプレイヤーになり、誰がユーザとして利用す
るか?上記のような漠然とした疑問が存在する中でユビキタスセンサーネットワーク研究は進められてきており、現状その
試験運用も含めた研究の中で何らかの解決が導き出されてきた。本講演においては、現在研究されているユビキタスセン
サーネットワークに想定されるビジネス展開に向けた課題を整理して解決案を検討していく。 
(英) When we think about a business model using ubiquitous sensor networks, we face a number of uncertain
conditions. The first is the market need. It is difficult to specify precisely who the users are and what they want from
the sensor network applications. The second is the market size and business players. It is not clear if the conventional communication carriers would dominate the business or new players would emerge. The third is the amount of time and money investment required before generating a profit. Despite these uncertainties, we have
been pursuing a study on a ubiquitous sensor network platform. In this lecture, I will talk about our vision of the
business model based on our experience in the sensor network platform development.
キーワード (和) USN / 地域ネットワーク / 広域ネットワーク / プラットフォーム / 情報通信トンネル / モバイル / センサーセル /  
(英) USN(Ubiquitous Sensor Networks) / Community network / Wide area network / Platform / Information Communication / Mobile / Sensor Cell /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 399, USN2008-66, pp. 29-34, 2009年1月.
資料番号 USN2008-66 
発行日 2009-01-15 (MoMuC, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2008-74 USN2008-66

研究会情報
研究会 USN MoNA  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) 名古屋工業大学(講堂会議室) 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology (Auditorium) 
テーマ(和) モバイルP2P、ユビキタスネットワーク、アドホックネットワーク、センサネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2009-01-USN-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユビキタスセンサーネットワークにおけるビジネス展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Business development of Ubiquitous Sensor Network(USN) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) USN / USN(Ubiquitous Sensor Networks)  
キーワード(2)(和/英) 地域ネットワーク / Community network  
キーワード(3)(和/英) 広域ネットワーク / Wide area network  
キーワード(4)(和/英) プラットフォーム / Platform  
キーワード(5)(和/英) 情報通信トンネル / Information Communication  
キーワード(6)(和/英) モバイル / Mobile  
キーワード(7)(和/英) センサーセル / Sensor Cell  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 実藤 亨 / Tohru Sanefuji / サネフジ トオル
第1著者 所属(和/英) ナシュアソリューションズ株式会社 (略称: ナシュア・ソリューションズ)
Nassua Solutions Corporation (略称: Nassua Solutions)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue /
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 真晶 / Masaaki Ohnishi /
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森野 博章 / Hiroaki Morino /
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: NICT/芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: S.I.T)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-22 13:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-MoMuC2008-74,IEICE-USN2008-66 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.398(MoMuC), no.399(USN) 
ページ範囲 pp.23-28(MoMuC), pp.29-34(USN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2009-01-15,IEICE-USN-2009-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会