電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-20 11:20
Computerized Detection of White Matter Hyperintensity Related to Subcortical Vascular Dementia Based on Automated and Semiautomated Segmentation
Yasuo KawataHidetaka ArimuraKyushu Univ.)・Yasuo YamashitaKyushu Univ. Hospital)・Taiki MagomeFukai ToyofukuYoshiharu HigashidaMasafumi OhkiKyushu Univ.)・Kazuhiro TsuchiyaKyorin Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) It has been reported that the degree of subcortical vascular dementia correlates with white matter hyperintensity (WMH) area ratio, which is an area ratio of WMHs to a brain parenchyma. Our purpose of this study was to develop a computerized evaluation method for WMHs related to subcortical vascular dementia based on automated and semiautomated segmentations. As a result, the degree of coincidence between the WMH grand truth and regions obtained by our proposed method was 73.9%.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Vascular dementia / white matter hyperintensity / computer aided detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 385, MI2008-113, pp. 253-254, 2009年1月.
資料番号 MI2008-113 
発行日 2009-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2009-01-19 - 2009-01-21 
開催地(和) 国立台湾大学(台北市) 
開催地(英) National Taiwan University 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2009-01-MI 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computerized Detection of White Matter Hyperintensity Related to Subcortical Vascular Dementia Based on Automated and Semiautomated Segmentation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Vascular dementia  
キーワード(2)(和/英) / white matter hyperintensity  
キーワード(3)(和/英) / computer aided detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河田 康雄 / Yasuo Kawata / カワタ ヤスオ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有村 秀孝 / Hidetaka Arimura / アリムラ ヒデタカ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 泰生 / Yasuo Yamashita / ヤマシタ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 九州大学病院 (略称: 九大病院)
Kyushu University Hospital (略称: Kyushu Univ. Hospital)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬込 大貴 / Taiki Magome / マゴメ タイキ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊福 不可依 / Fukai Toyofuku / トヨフク フカイ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 東田 善治 / Yoshiharu Higashida / ヒガシダ ヨシハル
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大喜 雅文 / Masafumi Ohki / オオキ マサフミ
第7著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 一洋 / Kazuhiro Tsuchiya / ツチヤ カズヒロ
第8著者 所属(和/英) 杏林大学 (略称: 杏林大)
Kyorin University (略称: Kyorin Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-20 11:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2008-113 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.385 
ページ範囲 pp.253-254 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MI-2009-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会