電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-19 13:30
[ポスター講演]Phase Unwrapping Method for Phase-Contrast X-Ray CT Using AR-Model
Takaaki HoriiQingkai HuoTadanori FukamiTetsuya YuasaYamagata Univ.)・Jin WuThet-Thet- LwinTohoru TakedaUniv. of Tsukuba)・Kazuyuki HyodoHigh Energy Accelerator Research Organization)・Akio YoneyamaHitachi)・Takao AkatsukaYamagata Univ.
抄録 (和) Phase-contrast CT tomographically delineates biological soft tissues, which cannot be clearly imaged using absorption contrast CT, at high contrast and high spatial resolution. Since the phase-contrast CT extracts phase-shift information from interferograms acquired using the x-ray interferometer, phase unwrapping is required in order to generate projections for CT reconstruction. In this research, we proposed a novel phase-unwrap method based on 2-D AR (Auto Regressive) model as follows: First, AR parameters modeling sinogram are estimated using pixels in partial regions unwrapped accurately with a conventional unwrap method. Next, based on the AR model, we detect sites of phase jump in the wrapped sinogram, and then to eliminate the phase jump by adding 2n (n is an integer) so that the residuals are as close to zero, i.e., an average of the residual-distribution, as possible. We investigated the efficacy of the algorithm by simulation data based on actual data acquired at KEK. 
(英) Phase-contrast CT tomographically delineates biological soft tissues, which cannot be clearly imaged using absorption contrast CT, at high contrast and high spatial resolution. Since the phase-contrast CT extracts phase-shift information from interferograms acquired using the x-ray interferometer, phase unwrapping is required in order to generate projections for CT reconstruction. In this research, we proposed a novel phase-unwrap method based on 2-D AR (Auto Regressive) model as follows: First, AR parameters modeling sinogram are estimated using pixels in partial regions unwrapped accurately with a conventional unwrap method. Next, based on the AR model, we detect sites of phase jump in the wrapped sinogram, and then to eliminate the phase jump by adding 2n (n is an integer) so that the residuals are as close to zero, i.e., an average of the residual-distribution, as possible. We investigated the efficacy of the algorithm by simulation data based on actual data acquired at KEK.
キーワード (和) 位相コントラスト / X線CT / 位相アンラップ / ARモデル / / / /  
(英) Phase contrast / X-ray CT / Phase Unwrap / AR-model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 385, MI2008-89, pp. 139-144, 2009年1月.
資料番号 MI2008-89 
発行日 2009-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2009-01-19 - 2009-01-21 
開催地(和) 国立台湾大学(台北市) 
開催地(英) National Taiwan University 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2009-01-MI 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase Unwrapping Method for Phase-Contrast X-Ray CT Using AR-Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相コントラスト / Phase contrast  
キーワード(2)(和/英) X線CT / X-ray CT  
キーワード(3)(和/英) 位相アンラップ / Phase Unwrap  
キーワード(4)(和/英) ARモデル / AR-model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀井 高明 / Takaaki Horii / ホリイ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Yamagata Univer (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 霍 慶凱 / Qingkai Huo / カク ケイガイ
第2著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Yamagata Univer (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 深見 忠典 / Tadanori Fukami / フカミ タダノリ
第3著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Yamagata Univer (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯浅 哲也 / Tetsuya Yuasa / ユアサ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Yamagata Univer (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 勁 / Jin Wu / ウ ジン
第5著者 所属(和/英) 筑波大学大学院 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Thet-Thet- Lwin / Thet-Thet- Lwin / テ テ ルイン
第6著者 所属(和/英) 筑波大学大学院 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 徹 / Tohoru Takeda / タケダ トホル
第7著者 所属(和/英) 筑波大学大学院 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 兵藤 一行 / Kazuyuki Hyodo / ヒョウドウ カズユキ
第8著者 所属(和/英) 高エネルギー加速器研究機構 (略称: 高エネルギー加速器研究機構)
KouEnerugii ButsurigakuKenkyusho (略称: High Energy Accelerator Research Organization)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 米山 明男 / Akio Yoneyama / ヨネヤマ アキオ
第9著者 所属(和/英) 日立製作所基礎研究所 (略称: 日立)
Advanced Research Laboratory, Hitachi, Ltd (略称: Hitachi)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤塚 孝雄 / Takao Akatsuka / アカツカ タカオ
第10著者 所属(和/英) 山形大学大学院 (略称: 山形大)
Yamagata Univer (略称: Yamagata Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-19 13:30:00 
発表時間 210 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2008-89 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.385 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2009-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会