お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-16 09:00
ホモダイン検出を用いた光ディスク信号の増幅
三上秀治黒川貴弘日立)・島野 健日立マクセル)・宮本治一日立MR2008-57 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2008-57
抄録 (和) 光ディスクの大容量化,高速化に伴う再生信号S/N比の劣化という問題に対し,光の干渉を利用した信号増幅方式であるホモダイン検出の適用の検討を行った.小型光ピックアップ光学系の設計にあたり,干渉状態を安定に保つために光路長や光軸方向を一定に保つための工夫を行い,更に干渉の位相変化によらない安定な出力を得るために位相ダイバシティ検出も併せて適用した.試作した光ピックアップを用いて,Blu-ray Discの再生信号を3.6倍に増幅することに成功し,近年注目されている次世代の大容量光ディスクである多層光ディスクに対し本方式が有効であるとの見通しを得た. 
(英) We experimentally demonstrated the amplification of optical disc readout signals by homodyne detection. This technique uses optical interference to amplify the signals. We further applied phase-diversity detection to reliably obtain the amplified readout signal. The optical system was carefully designed so that sufficient stability is assured and a sufficiently amplified readout signal can be obtained. We experimentally demonstrated a 3.6 times amplification of a Blu-ray Disc readout signal. The present technique will be essential for the real commercialization of next-generation multilayer optical disc because of its outstanding ability of signal-to-noise ratio improvement.
キーワード (和) ホモダイン検出 / 光ピックアップ / 位相ダイバシティ検出 / 多層光ディスク / / / /  
(英) homodyne detection / optical pickup / phase-diversity detection / multilayer optical disc / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, 2009年1月.
資料番号  
発行日 2009-01-08 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2008-57 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2008-57

研究会情報
研究会 ITE-MMS ITE-CE MRIS  
開催期間 2009-01-15 - 2009-01-16 
開催地(和) パナソニック 松心会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像情報機器および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2009-01-MMS-CE-MR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホモダイン検出を用いた光ディスク信号の増幅 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Amplification of Optical Disk Readout Signals by Homodyne Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホモダイン検出 / homodyne detection  
キーワード(2)(和/英) 光ピックアップ / optical pickup  
キーワード(3)(和/英) 位相ダイバシティ検出 / phase-diversity detection  
キーワード(4)(和/英) 多層光ディスク / multilayer optical disc  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 秀治 / Hideharu Mikami / ミカミ ヒデハル
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Central Research Laboratory, Hitachi Ltd. (略称: Hitachi Ltd.,)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 貴弘 / Takahiro Kurokawa / クロカワ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Central Research Laboratory, Hitachi Ltd. (略称: Hitachi Ltd.,)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島野 健 / Takeshi Shimano / シマノ タケシ
第3著者 所属(和/英) 日立マクセル (略称: 日立マクセル)
Central Research Laboratory, Hitachi Ltd. (略称: Hitachi Maxell, Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 治一 / Harukazu Miyamoto / ミヤモト ハルカズ
第4著者 所属(和/英) 日立製作所 中央研究所 (略称: 日立)
Central Research Laboratory, Hitachi Ltd. (略称: Hitachi Ltd.,)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-16 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2008-57 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.380 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2009-01-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会