お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-16 09:30
DWDDディスクモデルにおける磁区の拡大に対する光散乱及び検出信号特性解析
横山 彰小嶋敏孝関西大MR2008-58 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2008-58
抄録 (和) 媒体交換が可能であり,アクセス速度及び転送速度が高速かつ信頼性が高い光磁気(Magneto Optical:MO)ディスクの中でも,大容量化が可能である記録再生方式の一つである磁壁移動検出(Domain Wall Displacement Detection; DWDD)方式に基づくMOディスクモデルにおいて,再生時に発生する磁壁移動による磁区の拡大に対する光散乱及び検出信号特性を3次元FDTD法を用いて解析する. 
(英) Recently, various technologies of higher density version that exceed optical resolution are proposed for MO disk, and have been put to practical use. In those technologies, the domain wall displacement detection (DWDD) is one of excellent readout methods, which utilizes the characteristic of magnetic film called wall-displacement phenomenon by temperature gradient. This method has no limit of resolution in principle.
In the present paper, we try to apply the three-dimensional FDTD method to the analysis of the light-beam scattering and the characteristic of detected signal for expansion of magnetic domain on DWDD disk mode.
キーワード (和) 磁壁移動検出方式 / 光磁気ディスク / 時間領域差分法 / / / / /  
(英) DWDD / MO / FDTD method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, 2009年1月.
資料番号  
発行日 2009-01-08 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2008-58 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2008-58

研究会情報
研究会 ITE-MMS ITE-CE MRIS  
開催期間 2009-01-15 - 2009-01-16 
開催地(和) パナソニック 松心会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像情報機器および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2009-01-MMS-CE-MR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DWDDディスクモデルにおける磁区の拡大に対する光散乱及び検出信号特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Light-Beam Scattering and Detected Signal Characteristics for Expansion of Magnetic Domain on DWDD Disk Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁壁移動検出方式 / DWDD  
キーワード(2)(和/英) 光磁気ディスク / MO  
キーワード(3)(和/英) 時間領域差分法 / FDTD method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 彰 / Akira Yokoyama / ヨコヤマ アキラ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 敏孝 / Toshitaka Kojima / コジマ トシタカ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-16 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2008-58 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.380 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2009-01-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会