お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-15 14:00
磁気転写膜を用いた磁気テープの光再生実験
岸田雅彦林 直人NHK)・岩崎勝博梅澤浩光FDK)・野村龍男静岡理工科大MR2008-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2008-52
抄録 (和) 磁気テープの高速再生の実現を目指した,磁性ガーネットを用いた磁気テープの光再生方式を提案する。本方式は複数のデータトラックの並列同時再生を可能にする。試作した磁気転写膜は,膜厚1mmあたり約5度という比較的大きなファラデー回転角を得られた。磁気テープに記録したビット長0.385 mmの信号を0.367m/sの走行速度で光再生した結果,30dB以上のCNRが得られた。 
(英) In order to greatly increase the speed at which videotapes are read, we propose an optical reading method using a magnetic garnet film. This method allows several data tracks to be read in parallel. We have constructed trial films with a Faraday rotation angle of approximately 5 degrees per micrometer film thickness. An experiment to reproduce videotape data was carried out at a tape speed of 0.367 m/s, and a CNR of over 30dB was achieved for a bit-length of 0.385 mm.
キーワード (和) 磁気テープ / 磁気転写膜 / 磁性ガーネット / ファラデー効果 / / / /  
(英) Magnetic tape / Magnetic transfer film / Magnetic garnet film / Faraday effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 380, MR2008-52, pp. 11-15, 2009年1月.
資料番号  
発行日 2009-01-08 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2008-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2008-52

研究会情報
研究会 ITE-MMS ITE-CE MRIS  
開催期間 2009-01-15 - 2009-01-16 
開催地(和) パナソニック 松心会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像情報機器および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-MMS 
会議コード 2009-01-MMS-CE-MR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 磁気転写膜を用いた磁気テープの光再生実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment of optical reading from videotapes using magnetic transfer film 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁気テープ / Magnetic tape  
キーワード(2)(和/英) 磁気転写膜 / Magnetic transfer film  
キーワード(3)(和/英) 磁性ガーネット / Magnetic garnet film  
キーワード(4)(和/英) ファラデー効果 / Faraday effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 雅彦 / Masahiko Kishida / キシダ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 直人 / Naoto Hayashi / ハヤシ ナオト
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 勝博 / Katsuhiro Iwasaki / イワサキ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) FDK株式会社 (略称: FDK)
FDK Corporation (略称: FDK Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅澤 浩光 / Hiromitsu Umezawa / ウメザワ ヒロミツ
第4著者 所属(和/英) FDK株式会社 (略称: FDK)
FDK Corporation (略称: FDK Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 龍男 / Tatsuo Nomura / ノムラ タツオ
第5著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: Shizuoka Iinst. of Scie and Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-15 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ITE-MMS 
資料番号 IEICE-MR2008-52 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.380 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MR-2009-01-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会