お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-12 09:45
SPIDAR-Handシステムによる小型機器のユーザインタフェース設計手法
玄 政祐熊澤逸夫佐藤 誠東工大PRMU2008-189
抄録 (和) 近年、製品設計工程で行われているCAEの効率向上を目的として仮想現実感技術の導入が増えている趨勢である。そこでは小型機器のユーザインタフェースに対するヒューマンファクターの評価とユーザインタフェースの開発能率の向上を目的として各種研究が行われている。本稿では小型機器のユーザインタフェース設計及び操作性評価のために開発したSPIDAR-Handシステムを用いて、複合現実感技術による新たなユーザインタフェース設計手法を提案する。 
(英) Recently, there is an increasing tendency toward a necessity of improving the efficiency of CAE (Computer-Aided Engineering) carried out the process of the product design by the virtual reality technique. Various researches are performing with the purpose for improving the development of the user interfaces and the evaluation of the human factors to the user interface of handheld devices. In this paper, we propose the new design method of user-interfaces by augmented reality using the SPIDAR-Hand system which was developed for the user interface design and the evaluation test of handheld devices.
キーワード (和) SPIDAR-Hand / 小型機器 / インタフェース設計 / 複合現実感 / 手の動き検出 / / /  
(英) SPIDAR-Hand / Handheld Device / Interface design / Augmented Reality / Hand movement tracking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 374, PRMU2008-189, pp. 1-6, 2009年1月.
資料番号 PRMU2008-189 
発行日 2009-01-05 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2008-189

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2009-01-12 - 2009-01-12 
開催地(和) 国立情報学研究所(学術総合センター) 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 複合現実感のためのパターン認識・理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2009-01-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SPIDAR-Handシステムによる小型機器のユーザインタフェース設計手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The design method for user interface of handheld devices using SPIDAR-Hand system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SPIDAR-Hand / SPIDAR-Hand  
キーワード(2)(和/英) 小型機器 / Handheld Device  
キーワード(3)(和/英) インタフェース設計 / Interface design  
キーワード(4)(和/英) 複合現実感 / Augmented Reality  
キーワード(5)(和/英) 手の動き検出 / Hand movement tracking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玄 政祐 / Jungwoo Hyun / ヒョン チョンウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊澤 逸夫 / Itsuo Kumazawa / クマザワ イツオ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 誠 / Makoto Sato / サトウ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-12 09:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2008-189 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.374 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2009-01-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会