お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-20 13:50
聴覚情報処理システムによる複数音からの目的音抽出に関する研究
山田美穂岩佐 要Mauricio Kugler黒柳 奨岩田 彰名工大NC2008-79
抄録 (和) 我々は人間の聴覚機構を模倣したパルスニューラルネットワークによる聴覚情報
処理システムを提案している.このシステムを用いることで,周波数的特徴に
よって音源種類の識別が可能である.しかし,識別に競合学習である自己組織化マップを用いているため,入力に最も周波数的特徴の近い一つの音しか識別されず,
複数の音が同時に入力される場合においても,それぞれの音源の識別は困難であった.
そこで本研究では複数音からの目的音抽出方法を提案する.また,一般的に
複数の音が存在する屋外環境の音に対して提案手法を適用し,従来手法との比
較実験を計算機上で行い,提案手法の有効性について確認した. 
(英) We proposed a hearing information processing systxsem using pulsed neural
networks based on the human being's auditory mechanism.Even though the system can successfully identify several kinds of sound sources, only a single sound can be recognized at a time. When multiple sounds are present, only the most similar signal to the neuron's weights is recognized, due to the use of the Self Organizing Map competition learning method. Thus, the system cannot correctly identify the sound sources when multiple input signals are present.
This paper proposes a new method for objective sound extraction from multiple sounds. The method was applied to sounds taken from outdoor environment, in which multiple sounds are commonly found.

The experimental results confirm the superiority of the proposed approach when
comparing to the previous model.
キーワード (和) パルスニューロンモデル / 音源識別 / 目的音の抽出 / 屋外環境音 / / / /  
(英) pulsed neuron model / sound recognition / objective sound extraction / outdoor environment sounds / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 372, NC2008-79, pp. 37-42, 2008年12月.
資料番号 NC2008-79 
発行日 2008-12-13 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2008-79

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2008-12-20 - 2008-12-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst. Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2008-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴覚情報処理システムによる複数音からの目的音抽出に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A hearing information processing system for objective sound extraction from multiple sounds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルスニューロンモデル / pulsed neuron model  
キーワード(2)(和/英) 音源識別 / sound recognition  
キーワード(3)(和/英) 目的音の抽出 / objective sound extraction  
キーワード(4)(和/英) 屋外環境音 / outdoor environment sounds  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 美穂 / Miho Yamada / ヤマダ ミホ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩佐 要 / Kaname Iwasa / イワサ カナメ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Mauricio Kugler / Mauricio Kugler / マウリシオ クグレ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒柳 奨 / Susumu Kuroyanagi / クロヤナギ ススム
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 彰 / Akira Iwata / イワタ アキラ
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-20 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2008-79 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2008-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会