お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-20 10:25
表面の向きと奥行きを含む確率モデルにもとづく陰影からの形状復元
中辻勇貴田中利幸京大NC2008-74
抄録 (和) 本研究では、確率モデルにもとづく陰影からの形状復元に対して新たな手法を提案する。提案手法の確率モデルは表面の向きと奥行きの両方に対応する変数を明示的に含むため、表面の向きを推定する際に可積分制約が不要となるだけでなく、滑らかさ制約を奥行きの二階微分の代わりに表面の向きの一階微分で表現できるため、ファクターグラフのノードの次数が抑えられ、確率伝搬法で推定を行う際の計算量を低減できる。提案手法の数値実験を行い、既存の手法と比較を行った。 
(英) In this paper, we propose a new method to solve shape-from-shading problems based on a probabilistic model.
The proposed method includes both a surface orientation field and a depth field explicitly,
which makes enforcement of integrability constraint on the surface orientation field unnecessary.
In addition, the probabilistic model used in our method represents smoothing constraint
in terms not of second-order derivatives of the depth field but of
first-order derivatives of the surface orientation field,
which makes the graphical representation of the probability model containing nodes with small degrees,
thereby reducing computational complexity of the estimation via belief propagation.
We performed numerical experiment with the proposed method,
and compared the proposed method with the existing methods for shape-from-shading problem.
キーワード (和) 陰影からの形状復元 / マルコフ確率場 / 確率伝搬法 / / / / /  
(英) shape from shading / Markov random fields / belief propagation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 372, NC2008-74, pp. 7-12, 2008年12月.
資料番号 NC2008-74 
発行日 2008-12-13 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2008-74

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2008-12-20 - 2008-12-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst. Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2008-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表面の向きと奥行きを含む確率モデルにもとづく陰影からの形状復元 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shape from shading based on a probabilistic model including surface orientation and depth fields 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 陰影からの形状復元 / shape from shading  
キーワード(2)(和/英) マルコフ確率場 / Markov random fields  
キーワード(3)(和/英) 確率伝搬法 / belief propagation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中辻 勇貴 / Yuki Nakatsuji / ナカツジ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 利幸 / Toshiyuki Tanaka / タナカ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-20 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2008-74 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2008-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会