お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-20 14:55
登坂区間におけるアシスト付自転車のオンサイトでのアシスト制御法に関する検討
渡邉大輔佐藤直樹木竜 徹新潟大MBE2008-74
抄録 (和) 先行研究において,自転車エルゴメータの負荷制御と同一のファジー制御法を用いて,
アシスト付自転車のアシスト制御を試みたところ,
オンサイトでの疲労の評価法が問題となり,制御法の再構築が必要になった.
ここでは,外側広筋の表面筋電図が活発に活動している区間を対象として筋疲労の評価方法を探った.
10名の被験者に対して登坂中にアシスト比を切り換える実験を行い,提案した評価法を用いたところ,
従来よりも短い時間で筋疲労が判断できた.
さらに,アシスト比を切り換えた場合の筋活動から,登坂中にアシスト比を切り換えても筋疲労がすぐに緩和されるわけではないことも示された.
また,オンサイトでのアシスト制御法の方針について検討した. 
(英) In a previous study, the power-assist control of a bicycle using a fuzzy inference was necessary to redesign the control strategy due to the insufficient evaluation of muscle fatigue.
The aim of this study was to propose a practical approach for estimating muscle fatigue on-site and accomplishing an appropriate power-assist control in the field.
Actually, to estimate muscle fatigue we focused on the segment where the amplitude of surface EMG was clearly increasing, but the frequency components was decreasing.
Ten participants climbed the slope in two-stage with the specially designed power-assisted bicycle.
We changed the assist ratio during climbing automatically just before the second stage.
The proposed approach allowed us to evaluate muscle fatigue properly in a shorter time than a conventional one.
Moreover, changes in the assist ratio did not immediately release the muscle fatigue.
Finally, we discussed the control strategy for power-assisted bicycle in the field.
キーワード (和) オンサイト / アシスト制御 / ファジー制御 / 筋疲労 / / / /  
(英) on-site / assist control / fuzzy control / muscle fatigue / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 371, MBE2008-74, pp. 21-24, 2008年12月.
資料番号 MBE2008-74 
発行日 2008-12-13 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2008-74

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2008-12-20 - 2008-12-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst. Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 登坂区間におけるアシスト付自転車のオンサイトでのアシスト制御法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Control Strategy for Power-Assisted Bicycle On-Site 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オンサイト / on-site  
キーワード(2)(和/英) アシスト制御 / assist control  
キーワード(3)(和/英) ファジー制御 / fuzzy control  
キーワード(4)(和/英) 筋疲労 / muscle fatigue  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 大輔 / Daisuke Watanabe / ワタナベ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science and Technology (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 直樹 / Naoki Sato / サトウ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science and Technology (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木竜 徹 / Tohru Kiryu / キリュウ トオル
第3著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science and Technology (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-20 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2008-74 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.371 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2008-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会