電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-20 10:45
[招待講演]ナノメートルサイズトランジスタにおける2次元プラズマ発振を利用した放射・検出とそれらのテラヘルツイメージングへの応用
エルファティミ アブデルアハド末光哲也尾辻泰一東北大)・モネア ピーデラネ ジェイUniv. Bordeaux)・クナップ ウォイチェックディアコノワ ニーナUniv. Montpellier2ED2008-194 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2008-194
抄録 (和) InGaAs/InP、GaAs/AlGaAs、およびGaN/AlGaN ナノメートル級高電子移動度トランジスタの二次元プラズモンを利用したテラヘルツ波放射/検出に関する最近の成果を紹介する。テラヘルツ波放射では、放射周波数はプラズマ共鳴周波数に対応しており、放射強度はドレインバイアスに対してしきい値特性を有している。これらの結果は、プラズマ不安定性に起因したコヒーレントな自励発振が得られていることを示唆している。 一方、テラヘルツ波検出では、100nm未満の短ゲートを有するInGaAs/InP 系HEMTでは、3THzまでの周波数範囲で電圧制御による周波数可変な共鳴型検出が可能である。それらの素子を使用することによって、室温下でプラズマ波によるイメージが実現できるという実験結果を示す。 それらの素子がアレイ状に集積化されれば、近い将来、テラヘルツイメージングの有効な光源/検出デバイスになるであろう。 
(英) We present recent results on terahertz emission/detection utilizing two-dimensional plasmons in different types of InGaAs/InP, GaAs/AlGaAs and GaN/AlGaN nanometric high electron mobility transistors. The emission frequencies correspond to the estimated characteristic plasma wave frequencies and the emission exhibits threshold behavior against the drain bias, indicating instability driven coherent self oscillation. For detection, gate lengths below 100 nm in InGaAs/InP systems allow for a resonant voltage tunable detection at frequencies up to 3 THz. By using those devices we demonstrate experimental evidence of the plasma wave imaging at room temperature. Presented devices will become efficient future detectors/sources for terahertz imaging especially if they are integrated in detector/source arrays.
キーワード (和) 二次元プラズモン / テラヘルツ / トランジスタ / 不安定性 / イメージング / / /  
(英) two-dimensional plasmon / terahertz / transistor / instability / imaging / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 369, ED2008-194, pp. 47-52, 2008年12月.
資料番号 ED2008-194 
発行日 2008-12-12 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2008-194 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2008-194

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2008-12-19 - 2008-12-20 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム 
テーマ(英) Millimeter-wave, THz-wave Devices and Systems 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2008-12-ED 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ナノメートルサイズトランジスタにおける2次元プラズマ発振を利用した放射・検出とそれらのテラヘルツイメージングへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Emission and detection using two dimensional plasma oscillations in nanometer transistors and their applications to terahertz imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 二次元プラズモン / two-dimensional plasmon  
キーワード(2)(和/英) テラヘルツ / terahertz  
キーワード(3)(和/英) トランジスタ / transistor  
キーワード(4)(和/英) 不安定性 / instability  
キーワード(5)(和/英) イメージング / imaging  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) エルファティミ アブデルアハド / Abdelouahad El Fatimy / エルファティミ アブデルアハド
第1著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
RIEC Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末光 哲也 / Tetsuya Suemitsu / スエミツ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
RIEC Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾辻 泰一 / Taiichi Otsuji / オツジ タイイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
RIEC Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) モネア ピー / P. Mounaix / モネア ピー
第4著者 所属(和/英) フランス国立中央科学研究所, ボルドー大学 (略称: Univ. Bordeaux)
CNRS, Universite Bordeaux (略称: Univ. Bordeaux)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) デラネ ジェイ / J. C. Delagnes / デラネ ジェイ
第5著者 所属(和/英) フランス国立中央科学研究所, ボルドー大学 (略称: Univ. Bordeaux)
CNRS, Universite Bordeaux (略称: Univ. Bordeaux)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) クナップ ウォイチェック / Wojciech Knap / クナップ ウォイチェック
第6著者 所属(和/英) Univ. Montpellier2 (略称: Univ. Montpellier2)
Univ. Montpellier2 (略称: Univ. Montpellier2)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) ディアコノワ ニーナ / Nina Dyakonova / ディアコノワ ニーナ
第7著者 所属(和/英) Univ. Montpellier2 (略称: Univ. Montpellier2)
Univ. Montpellier2 (略称: Univ. Montpellier2)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-20 10:45:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2008-194 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2008-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会