お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-20 11:05
原始初期点を初期値とする変分ベイズ法に関する一考察
石川勇太竹内一郎名工大)・中野良平中部大NC2008-75
抄録 (和) 近年,ベイズ法の近似手法として変分ベイズ法が広く用いられている.
しかし,変分ベイズ法は目的関数である変分自由エネルギー関数が非凸であるた
め局所最適性の問題を有する.
この問題の解決策として,変分ベイズ法に確定的アニーリングを導入した確定的
アニーリング変分ベイズ法が提案されている.
一方で,我々はEMアルゴリズムを用いた混合正規分布推定において,確定的アニ
ーリングEMアルゴリズムの高温での推定値である原始初期点を初期値として用
いることを提案した.
本研究では,このアナロジーを用いて確定的アニーリング変分ベイズ法の高温で
の推定値を原始初期点と定義し,この点を初期値として利用する.
原始初期点から探索を行うことで,アニーリングを行わずに多様な解に
到達しうることを示し,その有効性を混合正規分布推定を用いて検証する. 
(英) The variational bayes (VB) method is widely used as an approximation of
the bayes method.
Since the objective function of the VB method is non-convex, it only
finds a local optimal solution.
In order to find a better solution, the deterministic annealing was
recently adapted to the VB method.
In this paper, we aim to improve the deterministic annealing VB method
using the idea of {\it primitive initial point (PIP)}.
The PIP was defined as the estimate of the deterministic annealing EM
(DAEM) algorithm at the highest temperature.
In our previous work, we have empiricaly shown that starting the EM
algorithm from the PIP can obtain various solutions without annealing.
In this paper we define the PIP for the DAVB framework and use it as a
starting point of the VB method.
キーワード (和) 変分ベイズ法 / 原始初期点 / 確定的アニーリング / 混合正規分布推定 / / / /  
(英) variational bayes method / primitive initial point / deterministic annealing / Gaussian mixture estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 372, NC2008-75, pp. 13-18, 2008年12月.
資料番号 NC2008-75 
発行日 2008-12-13 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2008-75

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2008-12-20 - 2008-12-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst. Tech. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2008-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 原始初期点を初期値とする変分ベイズ法に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Variational Bayes Method with the Primitive Initial Point 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変分ベイズ法 / variational bayes method  
キーワード(2)(和/英) 原始初期点 / primitive initial point  
キーワード(3)(和/英) 確定的アニーリング / deterministic annealing  
キーワード(4)(和/英) 混合正規分布推定 / Gaussian mixture estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 勇太 / Yuta Ishikawa / イシカワ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 一郎 / Ichiro Takeuchi / タケウチ イチロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 良平 / Ryohei Nakano /
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-20 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2008-75 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2008-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会