お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-19 14:20
SAW Chirp -Z変換のOFDMシステムへ適用
渡邊隆彌・○金籐邦方ダブルティアイEMD2008-108 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-108
抄録 (和) SAW Chirp-Z変換は、OFDM信号への逆フーリエ変換および受信したOFDMの分波のためのフーリエ変換に
兼用できるOFDMシステムは電力消費で決定的な利点を持ち超高速の演算処理能力を有し、高速無線LANやWANに適用できる。SAW Chirp-Z変換は、OFDM信号への逆フーリエ変換および受信したOFDMの分波のためのフーリエ変換に兼用できるOFDMシステムに対する問題として、以下のような指摘がある。
1.Digital信号処理の省電力化も進んでいるので狙いとする省電力の利点は低下するのではないか。
2.SAW素子のパターンの精度によるチャープ率の整合に限界があるのではないか。
3.SAW素子は遅延時間温度特性が問題ではないか。
本報告では、これらの諸問題について解決策を提示している。 
(英) The OFDM system that can use it combinedly to the Fourier transform to the OFDM signal for amount of wave of the inverse Fourier transform and received OFDM can have a definite advantage in power consumption, a super-high-speed operation processing performance be possessed, and the SAW Chirp-Z transform be applied to high-speed, wireless LAN and WAN. The SAW Chirp-Z transform has the following points as a problem to the OFDM system that can use it combined to the Fourier transform to the OFDM signal for amount of wave of the inverse Fourier transform and received OFDM.
1. The advantage of the power saving assumed to be an aim might decrease because the power saving of the Digital signal processing is also advanced.
2. There might be a limit in the adjustment of the chirp rate by the accuracy of the pattern of the SAW element.
3. In the SAW element, is not the temperature delay characteristic a problem?
In this report, the solution of these various problems is presented.
キーワード (和) SAW Chirp-Z変換 / OFDM / フーリエ変換 / 高速無線LAN / 省電力化 / チャープ率 / 遅延時間温度特性 /  
(英) SAW Chirp-Z Transform / OFDM / Fourier Transform / High-speed Wireless LAN / Power Saving / Chirp Rate / Temperature Delay Characteristic /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 368, EMD2008-108, pp. 11-16, 2008年12月.
資料番号 EMD2008-108 
発行日 2008-12-12 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2008-108 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-108

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2008-12-19 - 2008-12-19 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2008-12-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SAW Chirp -Z変換のOFDMシステムへ適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applications of SAW Chirp -Z Transform to OFDM Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAW Chirp-Z変換 / SAW Chirp-Z Transform  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) フーリエ変換 / Fourier Transform  
キーワード(4)(和/英) 高速無線LAN / High-speed Wireless LAN  
キーワード(5)(和/英) 省電力化 / Power Saving  
キーワード(6)(和/英) チャープ率 / Chirp Rate  
キーワード(7)(和/英) 遅延時間温度特性 / Temperature Delay Characteristic  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 隆彌 / Takaya Watanabe / ワタナベ タカヤ
第1著者 所属(和/英) ダブルティアイ (略称: ダブルティアイ)
World Technology Instrument Co., Ltd. (略称: World Technology Instrument Co., Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金籐 邦方 / Kunikata Kaneto / カネトウ クニカタ
第2著者 所属(和/英) ダブルティアイ (略称: ダブルティアイ)
World Technology Instrument Co., Ltd. (略称: World Technology Instrument Co., Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-19 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2008-108 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2008-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会