お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-13 14:50
順位相関係数を用いた文章構成力の測定評価法
中内辰哉拓殖大)・中嶋信彰児玉白楊高)・竹谷 誠拓殖大ET2008-69
抄録 (和) 文章を書く上で,書き手が最も伝えたいことを読み手へ的確に伝えるためには,語彙力や表現力,説得力などさまざまな能力が必要となる.著者らは,文章を書く能力の中の1つである文章構成力について定量的に測定・評価する方法論について研究している.本稿では,分割された複数の文章を読み,各文章を適切な順序に組替える問題を用いて学習者の文章構成力を測定し,評価を行う方法について提案する. 
(英) In order to notify correctly what a student wants to notify, it is very important to develop his or her composition abilities such as vocabulary, expressiveness and cogency. The authors have been developing new measurement and evaluation methods for ability to form composition by using the Logical Flow Graphs (LFG). This paper discusses the measurement and evaluation method for composition ability of sentences. The teacher is able to measure composition ability by an arrangement question of sentences and a structural question to answer by LFG and to evaluate composition ability by rank order correlation coefficients.
キーワード (和) 文章構成力 / 教育測定 / 系列 / ロジカルフローグラフ / 順位相関係数 / / /  
(英) Composition Ability / Educational Measurement / Sequence / Logical Flow Graph / Rank Order Correlation Coefficient / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 354, ET2008-69, pp. 65-70, 2008年12月.
資料番号 ET2008-69 
発行日 2008-12-06 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-69

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-12-13 - 2008-12-13 
開催地(和) 宮崎大 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育・学習評価/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 順位相関係数を用いた文章構成力の測定評価法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement and Evaluation Methods for Composition Ability by Using Rank Order Correlation Coefficients 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 文章構成力 / Composition Ability  
キーワード(2)(和/英) 教育測定 / Educational Measurement  
キーワード(3)(和/英) 系列 / Sequence  
キーワード(4)(和/英) ロジカルフローグラフ / Logical Flow Graph  
キーワード(5)(和/英) 順位相関係数 / Rank Order Correlation Coefficient  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中内 辰哉 / Tatsuya Nakauchi / ナカウチ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 信彰 / Nobuaki Nakajima / ナカジマ ノブアキ
第2著者 所属(和/英) 児玉白楊高等学校 (略称: 児玉白楊高)
Kodamahakuyo High School (略称: Kodamahakuyou High School)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹谷 誠 / Makoto Takeya / タケヤ マコト
第3著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-13 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-69 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.354 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会