電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-12 13:30
複数のイントラ符号化形式で圧縮された動画像の画質改善手法の提案
板垣秀星新井悠祐早大)・境田慎一井口和久合志清一NHK)・甲藤二郎早大
抄録 (和) 本稿では,静止画において画素シフトした複数の画像を合成することで画質が改善されることを応用し,動画像に拡張をする.イントラ符号化された動画像では近傍フレームを参照することで画質の改善が期待できる.また,複数の符号化方式を混在させることにより動き補償による画質改善の効果が得られない領域であっても画質を改善させることができる. 
(英) In this paper, we apply the fact that the image quality can be improved by synthesizing images to design of a new video coding technique. In intra-coded video, we can expect improvement of the image quality by referring to neighborhood frames at a decoder. Moreover, even for an area where the motion estimation effect is not achieved, applying two or more intra-coding methods in a periodical manner brings image quality improvement.
キーワード (和) MDC / 画質改善 / 量子化誤差 / イントラ符号化 / 動き補償 / / /  
(英) MDC / Image quality improvement / Quantization error / Intra-coding / Motion estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 343(CS), 344(IE), CS2008-55, IE2008-119, pp. 93-98, 2008年12月.
資料番号  
発行日 2008-12-04 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITE-BCT IE CS IPSJ-AVM  
開催期間 2008-12-11 - 2008-12-12 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 画像符号化、通信・ストリーム技術、および一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and Stream Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-AVM 
会議コード 2008-12-BCT-IE-CS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数のイントラ符号化形式で圧縮された動画像の画質改善手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Picture Quality Improvement by using Multiply Encoded Intra-coded Video 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MDC / MDC  
キーワード(2)(和/英) 画質改善 / Image quality improvement  
キーワード(3)(和/英) 量子化誤差 / Quantization error  
キーワード(4)(和/英) イントラ符号化 / Intra-coding  
キーワード(5)(和/英) 動き補償 / Motion estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 板垣 秀星 / Shusei Itagaki / イタガキ シュウセイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 悠祐 / Yusuke Arai / アライ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 境田 慎一 / Shinichi Sakaida / サカイダ シンイチ
第3著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井口 和久 / Kazuhisa Iguchi / イグチ カズヒサ
第4著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 合志 清一 / Seiichi Gohshi / ゴオシ セイイチ
第5著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-12 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-AVM 
資料番号 IEICE-CS2008-55,IEICE-IE2008-119 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.343(CS), no.344(IE) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2008-12-04,IEICE-IE-2008-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会