電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-05 13:35
大規模情報可視化における形式概念解析とモルフォロジの対応関係
澤勢一史延原 肇筑波大
抄録 (和) 人間の直感に適した情報の構造である「順序構造」の観点から大規模画像群を可視化するために、形式概
念分析基づいた束構造可視化システム示す。このシステムは、1. 対象集合として画像群、それらの属性集合として画
像特徴を採用し、これらの間の2 項関係であるコンテクスト表を作成、2. 形式概念分析によりコンテクスト表からコ
ンセプトラティス(完備束)を算出、3. これらをユーザに提示、という手順で構成する。さらに、ユーザとのインタ
ラクションにより、コンテクスト表の属性を調整することで、リアルタイムに束構造を変化させる機能も有する。シ
ステムの有効性を示すために、Corel Image Galley より選定した1000 枚の画像を対象に、被験者3 名(20 代男性)
による評価実験を行う。また、形式概念分析は、ガロア対応という数学的構造をベースとしており、この構造はモル
フォロジのベースである随伴と本質的に同じ構造となっている。この関係から、形式概念分析とモルフォロジの各種
演算の対応について解析し、大規模情報可視化におけるモルフォロジの可能性について議論を行う。 
(英) An interactive visualization of huge image database based on formal concept analysis is presented.
This visualization system is based on ordered structure that is suitable for human intuition to recognize
the perspective of huge information, and has an interactive function to observe various aspects of lattice (ordered)
structure of them. Through an evaluation using 1,000 test images extracted from Corel Image Galley, it is confirm
the effectiveness of the visualization system. Furthermore, the correspondence between mathematical morphology
and formal concept analysis is discussed, in terms of Galois connection and adjoint.
キーワード (和) モルフォロジ / 形式概念分析 / 情報可視化 / / / / /  
(英) Mathematical Morphology / Formal Concept Analysis / Visualization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 334, SIS2008-63, pp. 119-123, 2008年12月.
資料番号 SIS2008-63 
発行日 2008-11-27 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2008-12-04 - 2008-12-05 
開催地(和) 関西大学(千里山キャンパス) 
開催地(英) Kansai Univ. 
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模情報可視化における形式概念解析とモルフォロジの対応関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Correspondence Between Mathematical Morphology and Formal Concept Analysis in Huge Image Visualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モルフォロジ / Mathematical Morphology  
キーワード(2)(和/英) 形式概念分析 / Formal Concept Analysis  
キーワード(3)(和/英) 情報可視化 / Visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤勢 一史 / Kazuhito Sawase / サワセ カズヒト
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Univesity of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 延原 肇 / Hajime Nobuhara / ノブハラ ハジメ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Univesity of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-05 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-63 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.334 
ページ範囲 pp.119-123 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2008-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会