お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-05 13:15
多チャンネル三次元音場再現システムの再生方式の違いによる再現性能評価
池田雄介榎本成悟ATR)・伊勢史郎京大)・中村 哲ATREA2008-114
抄録 (和) 物理的に忠実な音場の記録と再現を目指し,境界音場制御の原理に基づく3次元音場再現システムを開発している。
システムの評価をするため,再現に使用するスピーカアレイと同じ形状のマイクロホンアレイを用いて収録した音をそのまま再生する場合と
境界音場制御の原理を用いて再生した場合を数値計算と総合的な心理評価語を用いた心理評価実験により比較する。
数値計算の結果から境界音場制御を用いた場合に再現領域内で原音場に対してより高いS/Nが得られることが確認された。
また被験者8名の一対比較による心理評価実験の結果,境界音場制御の原理を用いた音場再現において総合的な印象でより高い評価が得られた。 
(英) Sound field recording and reproduction system based on the boundary surface control (BSC) principle is developed
to realize physically accurate sound flield reproduction.
In this paper, two reproduction systems are compared by numerical calclation and psychological experiment.
The one of them is sound reproduction system based on BSC principle.
The other is reproduction system using microphone array which is the same figure as loudspeaker array used by reproduction system based on BSC priciple.
The results of numerical calclation clarified that the system based on BSC principle can realize higher S/N than the other.
And, psychological experiment implied that the system based on BSC principle can give higher realistic sensation than the other.
キーワード (和) マルチチャンネルスピーカシステム / 境界音場制御の原理 / 臨場感 / 没入型聴覚ディスプレイ / サーストンの一対比較 / / /  
(英) Multi-channel loudspeaker system / Boundary surface control principle / High realistic sensation / Immersive auditory display / Thurstone's paired comparison / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 333, EA2008-114, pp. 77-82, 2008年12月.
資料番号 EA2008-114 
発行日 2008-11-27 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-114

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-12-04 - 2008-12-05 
開催地(和) アルパイン 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多チャンネル三次元音場再現システムの再生方式の違いによる再現性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of 3D sound field reproduction system using multi-channel loudspeakers and the boundary surface control principle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチチャンネルスピーカシステム / Multi-channel loudspeaker system  
キーワード(2)(和/英) 境界音場制御の原理 / Boundary surface control principle  
キーワード(3)(和/英) 臨場感 / High realistic sensation  
キーワード(4)(和/英) 没入型聴覚ディスプレイ / Immersive auditory display  
キーワード(5)(和/英) サーストンの一対比較 / Thurstone's paired comparison  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 雄介 / Yusuke Ikeda / イケダ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: Advanced Telecommunications Research Institute International)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 成悟 / Seigo Enomoto / エノモト セイゴ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: Advanced Telecommunications Research Institute International)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢 史郎 / Shiro Ise / イセ シロウ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: Advanced Telecommunications Research Institute International)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-05 13:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-114 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.333 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会