電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-04 16:50
RFIDを利用した消費前行動の研究
田村哲朗稲葉達也中村 修國領二郎村井 純慶大
抄録 (和) 消費者の嗜好が多種多様になる現代において,POSシステムのような,消費者の購買の意思決定後のデータを取得,分析する情報システムのみでは,消費者一人ひとりの姿を正確にとらえるのは困難となっている.このような背景を踏まえて,本稿では,現在注目を集めている自動認識技術であるRFIDシステムにより取得可能な消費前行動データに着目したデータ分析手法の提案を行う.本提案では,既存のデータマイニング手法を前提として, 小売店店舗におけるRFID活用の現状と課題に基づいた,店舗オペレーションの改善,商品の提案方法や商品企画の改善,商品嗜好抽出手法のアプローチについて議論する. 
(英) This study proposes a set of data analytics methodologies by using consumer purchase behavior. We assume that consumer purchase behavior data is captured by using RFID system in retail stores. Since consumers’ preferences are getting more and more diversified recently, it becomes insufficient to use Point-Of-Sales data, which is a post-purchase decision data, to improve sales of the retail store. In order to improve sales, to understand what consumers really want is essential and to understand what consumers really want, retailers need to acquire data of how consumers select or not select a specific item, analyze why some items are selected and others are not, and utilize the analysis to improve their store operation, their products, and their corporate strategy. In this study, we explore the existing RFID experiments, identify the RFID data that will be captured in the retail store, and come up with the methodologies that can extract values from the data.
キーワード (和) RFID / POS / 消費行動 / 消費前行動 / 商品嗜好 / 店舗オペレーション / 接客方法改善 /  
(英) RFID / POS / Consumer behavior / Consumer purchase behavior / Commodity preference / Store operation / Serving method improvement /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 334, SIS2008-55, pp. 75-79, 2008年12月.
資料番号 SIS2008-55 
発行日 2008-11-27 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2008-12-04 - 2008-12-05 
開催地(和) 関西大学(千里山キャンパス) 
開催地(英) Kansai Univ. 
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RFIDを利用した消費前行動の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consumer purchase behavior analysis by using RFID 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(2)(和/英) POS / POS  
キーワード(3)(和/英) 消費行動 / Consumer behavior  
キーワード(4)(和/英) 消費前行動 / Consumer purchase behavior  
キーワード(5)(和/英) 商品嗜好 / Commodity preference  
キーワード(6)(和/英) 店舗オペレーション / Store operation  
キーワード(7)(和/英) 接客方法改善 / Serving method improvement  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 哲朗 / Tetsuro Tamura / タムラ テツロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 達也 / Tatsuya Inaba / イナバ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 修 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 國領 二郎 / Jiro Kokuryo / コクリョウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 純 / Jun Murai / ムライ ジュン
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-04 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-55 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.334 
ページ範囲 pp.75-79 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2008-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会