お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-04 13:00
音波を用いたMIMO通信の実現に向けた検討
林 大介柴山秀雄芝浦工大EA2008-101
抄録 (和) 水中や地中など,電波の使用が困難な環境における無線通信の手段として,音波を用いたMIMO通信の実現に向けた研究を行っている.MIMO(Multiple Input Multiple Output)とは,複数の送受信素子を用いることによって,通信速度や信頼性の向上を実現する方式であり,近年電波を用いた無線通信の分野において盛んに研究されている. 我々は音波を用いた通信に本方式を応用し,音響通信の通信速度向上を目指したいと考える.
本報告では,その実現に向けた基礎的検討として,伝搬状況の異なる5つの環境においてチャネル応答を測定し,その環境においてMIMO通信を行った状態をシミュレーションにより検証した.音波を用いたMIMO通信の特徴や問題点などについて報告する. 
(英) We're studying for the realization of the MIMO communication using acoustic wave for the communication method of the environments having difficulty with the use of the electromagnetic wave such as underwater or underground. MIMO (Multiple Input Multiple Output) is a method that realizes the improvement of the transmission rate or the reliability by using plural transmission and receiver elements, and it is recently studied hard in a field of the wireless communication using electromagnetic wave. We want to improve the transmission rate in the communication using acoustic wave by applying this method.
In this paper, for the fundamental examination of the realization, we measured the channel response in the five differential environments, and we inspected the communication conditions of these environments by simulation. We report the characteristics and the problems of the MIMO communication using acoustic wave.
キーワード (和) 音響通信 / MIMO / マルチパス / 符号干渉 / / / /  
(英) Acoustic communication / MIMO / Multi-path / ISI / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 333, EA2008-101, pp. 1-6, 2008年12月.
資料番号 EA2008-101 
発行日 2008-11-27 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-101

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-12-04 - 2008-12-05 
開催地(和) アルパイン 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音波を用いたMIMO通信の実現に向けた検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination for the realization of the MIMO communication by acoustic wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響通信 / Acoustic communication  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / Multi-path  
キーワード(4)(和/英) 符号干渉 / ISI  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 大介 / Daisuke Hayashi / ハヤシ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Sibaura Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 秀雄 / Hideo Shibayama / シバヤマ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Sibaura Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-04 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-101 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.333 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会