お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-04 14:00
音声入出力経路上に遅延を有する場合のラウドネス補償システムの構成に関する一検討
丸本 徹鈴木大和齊藤 望アルパインEA2008-103
抄録 (和) 我々はこれまで,種々の騒音が存在する車室内環境下においても,音声をより明瞭に聴取可能とするシステム(ラウドネス補償システム)に関する研究開発を進めてきた.しかし,これまで開発してきた従来のシステム構成では,システムの音声入出力経路上にある程度長い遅延が存在する場合,問題を生じる可能性があると考えられる.そこで,この点に関し理論的に考察すると共に,計算機シミュレーションによる検討も行うことで,遅延が実際に,システムの性能に悪影響を及ぼす場合があることを明らかにした.また,このような問題を解消(あるいは緩和)する方法についても検討し,新たなシステム構成についても考案した.本稿では,これらの検討結果について報告する. 
(英) Loudness compensation system that we developed makes ease to hear speech clearly under vehicle interior noise. However, in case of system including a delay in the speech input/output paths, it is conceivable that the system has a problem. In this paper, we consider the effect of delay theoretically and elucidate by computer simulation that negative influence on performance of the system. In addition, we propose a new system structure which alleviates the problem, and we show simulation result.
キーワード (和) ラウドネス補償 / 音声 / 音声入出力経路 / 遅延 / 自動車車室内 / / /  
(英) Loudness Compensation / Speech / Input/Output paths / Delay / Vehicle Interior / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 333, EA2008-103, pp. 13-18, 2008年12月.
資料番号 EA2008-103 
発行日 2008-11-27 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-103

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-12-04 - 2008-12-05 
開催地(和) アルパイン 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声入出力経路上に遅延を有する場合のラウドネス補償システムの構成に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration of loudness compensation system structure including a delay in the speech input/output paths 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ラウドネス補償 / Loudness Compensation  
キーワード(2)(和/英) 音声 / Speech  
キーワード(3)(和/英) 音声入出力経路 / Input/Output paths  
キーワード(4)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(5)(和/英) 自動車車室内 / Vehicle Interior  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸本 徹 / Toru Marumoto / マルモト トオル
第1著者 所属(和/英) アルパイン株式会社 (略称: アルパイン)
ALPINE Electronics, Inc. (略称: ALPINE Electronics, Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 大和 / Hirokazu Suzuki / スズキ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) アルパイン株式会社 (略称: アルパイン)
ALPINE Electronics, Inc. (略称: ALPINE Electronics, Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 望 / Nozomu Saito / サイトウ ノゾム
第3著者 所属(和/英) アルパイン株式会社 (略称: アルパイン)
ALPINE Electronics, Inc. (略称: ALPINE Electronics, Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-04 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-103 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.333 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会