お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-28 15:10
Webリソースからのオントロジ自動構築法の基礎的検討
村田智紘秋元良仁亀山 渉早大
抄録 (和) 近年,Web上の多くのリソースがデータベースとして組織化・公開され,様々な用途で活用されつつある.しかしながら,各々のデータベースは異なるメタデータスキーマで構成されるため,横断的かつ複合的なデータの利用は困難な状況にある.異なるスキーマ間での情報交換を実現するためには,スキーマを構成する要素間の意味的な類似性を発見し,それを活用することが必要不可欠となる.本稿では,概念間の関係を記述する一方式であるシソーラスをベースとする英語辞書WordNetとWeb上の大規模百科事典であるWikipediaを相補的に組み合わせ,スキーマ間の意味的類似性をオントロジとして導出する手法について基礎的な検討を行う. 
(英) Recently, web resource has increased. And, it is being organized and used by several methodologies. In such a situation, a technology is necessary to extract useful information according to requirements from various web resources by using metadata. However because various metadata schema has been defined, it is difficult to exchange different metadata. In this paper, we propose the concept of ontology construction methodology applied metadata exchanging that is combined thesaurus named WordNet and online web encyclopedia named Wikipedia.
キーワード (和) シソーラス / オントロジ / WordNet / Wikipedia / / / /  
(英) Thesaurus / Ontology / WordNet / Wikipedia / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 325, AI2008-40, pp. 97-102, 2008年11月.
資料番号  
発行日 2008-11-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AI IPSJ-DC  
開催期間 2008-11-27 - 2008-11-28 
開催地(和) 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報社会のデザイン:デジタルドキュメントと知的コミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-DC 
会議コード 2008-11-AI-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webリソースからのオントロジ自動構築法の基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Consideration on Automatic Construction Method of Ontology from Web Resource 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シソーラス / Thesaurus  
キーワード(2)(和/英) オントロジ / Ontology  
キーワード(3)(和/英) WordNet / WordNet  
キーワード(4)(和/英) Wikipedia / Wikipedia  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 智紘 / Tomohiro Murata / ムラタ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋元 良仁 / Ryoji Akimoto / アキモト リョウジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀山 渉 / Wataru Kameyama / カメヤマ ワタル
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-28 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IPSJ-DC 
資料番号 IEICE-AI2008-40 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2008-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会