お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-27 09:00
発展型ソーシャルウェアのためのリポジトリ型フレームワーク(III)
打矢隆弘名工大)・前村貴秀木下哲男東北大AI2008-24
抄録 (和) これまで我々は,ユーザや環境とのインタラクションを通して獲得された情報・知識・経験を活用しソーシャルウェアの基本的な特性を維持しながら,ソーシャルウェア全体としての機能・性能を漸進的に改善してゆく「発展型ソーシャルウェア」を提案してきた.本発表では,発展型ソーシャルウェアの基盤となるリポジトリ型フレームワーク上で動作する発展型エージェントシステムの設計モデルとその監視アーキテクチャについて検討した結果を報告する. 
(英) We have proposed the evolutional socialware that improve the function and performance of overall of socialware by utilizing the information, knowledge, experience which is acquired from the interaction with the environment and the user.
In this paper, we describe the overview of the design model of evolutional agent system and its monitoring architecture that performs on the repository based agent framework.
キーワード (和) ソーシャルウェア / リポジトリ型フレームワーク / 発展型エージェントシステム / 組織再構成 / / / /  
(英) Socialware / Repository based agent framework / Evolutional Agent System / System Reorganization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 325, AI2008-24, pp. 1-6, 2008年11月.
資料番号 AI2008-24 
発行日 2008-11-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2008-24

研究会情報
研究会 AI IPSJ-DC  
開催期間 2008-11-27 - 2008-11-28 
開催地(和) 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報社会のデザイン:デジタルドキュメントと知的コミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2008-11-AI-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発展型ソーシャルウェアのためのリポジトリ型フレームワーク(III) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Repository based Agent Framework for Evolutional Socialware(III) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソーシャルウェア / Socialware  
キーワード(2)(和/英) リポジトリ型フレームワーク / Repository based agent framework  
キーワード(3)(和/英) 発展型エージェントシステム / Evolutional Agent System  
キーワード(4)(和/英) 組織再構成 / System Reorganization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 打矢 隆弘 / Takahiro Uchiya / ウチヤ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前村 貴秀 / Takahide Maemura / キノシタ テツオ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 哲男 / Tetsuo Kinoshita /
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-27 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-24 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2008-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会