お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-27 15:55
KAOSに基づくスコープ定義の調整方法に関する考察
梅澤 薫NEC/筑波大)・中谷多哉子筑波大KBSE2008-28
抄録 (和) 本稿では,ビジネスゴールに適ったITスコープ定義のため,ビジネス部門とIT部門との折衝を支援するための方法を提案し,事例に基づき考察した. 
(英) In this paper, the method to assist coordination of program definition with accordance to achieving business goal is proposed and studied by a case.
キーワード (和) 要求分析 / ゴール指向分析 / KAOS / プログラム管理 / スコープ定義 / / /  
(英) requirement analysis / goal oriented analysis / KAOS / program management / scope definition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 326, KBSE2008-28, pp. 31-36, 2008年11月.
資料番号 KBSE2008-28 
発行日 2008-11-20 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2008-28

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2008-11-27 - 2008-11-28 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) FIT 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2008-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KAOSに基づくスコープ定義の調整方法に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study to coordination method of program definition based with KAOS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 要求分析 / requirement analysis  
キーワード(2)(和/英) ゴール指向分析 / goal oriented analysis  
キーワード(3)(和/英) KAOS / KAOS  
キーワード(4)(和/英) プログラム管理 / program management  
キーワード(5)(和/英) スコープ定義 / scope definition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅澤 薫 / Kaoru Umezawa / ウメザワ カオル
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC/筑波大)
NEC Corporation (略称: NEC Corporation)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 多哉子 / Takako Nakatani / ナカタニ タカコ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: University of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-27 15:55:00 
発表時間 40 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2008-28 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2008-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会