お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-27 16:00
画像間のピクセル最適対応を用いた少数枚数画像による3次元形状復元
井関健太矢口勇一岡 隆一会津大PRMU2008-126 MVE2008-75
抄録 (和) 本報告は,任意の対画像のピクセル最適対応を与える2次元連続DPを用い,少ない枚数の画像で精度のよい3次元形状が復元できることを示す.従来法が対象物体から連続的に観測した画像列における特徴点の対応系列を利用するのに対して,提案手法は画像集合の1枚の画像と任意の他の画像とのすべてのピクセル対応を利用する.ピクセル対応点が稠密に利用できるため,因子分解法によって3次元形状を復元する際,少数枚の画像から精密な形状復元ができる.ピクセル対応関係からメッシュ構造が得られる事を利用し,ドロネー三角網を定義する事なく密なテクスチャマッピングを施すことができる.これらのことを実験で示すとともに,従来法の典型であるKLT,SIFT+因子分解法を同一画像集合に適用し,比較実験も行った.これらの実験で提案手法が従来法より精密な3次元形状復元を行うことが分かった. 
(英) We propose a method for reconstructing a 3D shape using optimal pixel matching
data between images obtained by so-called 2-dimensional Continuous Dynamic Programing(2DCDP). Conventional methods used a sequence of matching feature points obtained from a sequence of of motion image. Our proposed method uses corresponding data of all pixels between a selected image and any other image belonging to the rest of image data.

The dense pixel matching data enables to reconstruct 3D shape using only a
small number of images when we apply factorization method to the data.
The mesh structure is directly obtained by using all pixel matching data o fall pixels, therefore we do not use delaunay triangle mesh to make the texture map
on the 3D surface. We conducted the experiments to show the fine reconstruction of 3D shape by a small number of images and also the experiments to compare the result of our method with that of a typical conventional method (SIFT tracking or KLT method and factorization) using the same image data. These results shows that our proposed method is superior to the conventional method.
キーワード (和) 最適ピクセル対応 / 3次元形状復元 / 因子分解法 / DP / / / /  
(英) optimal pixel matching / 3D shape reconstruction / factorization / DP / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 327, PRMU2008-126, pp. 101-108, 2008年11月.
資料番号 PRMU2008-126 
発行日 2008-11-20 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2008-126 MVE2008-75

研究会情報
研究会 PRMU MVE  
開催期間 2008-11-27 - 2008-11-28 
開催地(和) 阪大 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) アンビエント環境知能 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-11-PRMU-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像間のピクセル最適対応を用いた少数枚数画像による3次元形状復元 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Shape Reconstruction Using Optimal Pixel Matching Between Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最適ピクセル対応 / optimal pixel matching  
キーワード(2)(和/英) 3次元形状復元 / 3D shape reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 因子分解法 / factorization  
キーワード(4)(和/英) DP / DP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井関 健太 / Iseki Kenta / ケンタ イセキ
第1著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
Aizu University (略称: Aizu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢口 勇一 / Yuichi Yaguchi / ヤグチ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
Aizu University (略称: Aizu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 隆一 / Ryuichi Oka / オカ リュウイチ
第3著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
Aizu University (略称: Aizu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-27 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2008-126,IEICE-MVE2008-75 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.327(PRMU), no.328(MVE) 
ページ範囲 pp.101-108 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-PRMU-2008-11-20,IEICE-MVE-2008-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会