お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-27 14:45
キャリア超音波の音圧低減を目的としたパラメトリックスピーカ用位相反転駆動
菊地 哲愛甲英寿鎌倉友男野村英之酒井新一電通大US2008-63
抄録 (和) 従来の動電型スピーカに比べて格段に鋭い指向性を持つパラメトリックスピーカは,その有用性が確認されているが,依然として超音波曝露の問題が残る.
超音波曝露を回避するため,音波を放射するために用いる超音波エミッタを 2 領域に分け,それぞれの放射器から同周波数で位相が異なる 1 次超音波を放射する.
これにより,得られるパラメトリック可聴音の音響特性を極力損なうことなく,
超音波音圧を 10~dB以上低減することができる. 
(英) An ultrasound source with a simple configuration is considered as a
theoretical model.
The source with a circular aperture consists of two coaxially arranged
planar projectors: i.e., one is an inner disc projector and the other is an outer ring projector.
The active areas of these projectors are the same.
The outer diameter of the source is 20 cm.
Both the projectors are driven individually at the same frequencies of 38 and 40 kHz but different phase angles.
Especially, the study focuses on two extreme cases of the usual in-phase driving and out-of-phase driving.
Numerical computation using the Khokhlov - Zabolotskaya - Kuznetsov (KZK)
equation demonstrates that when the driving signal is in phase the
difference frequency wave of a 2-kHz wave provides quite a narrow beam
a parametric acoustic array usually creates.
The beam has a similar directivity when the signal is out-of-phase by
180 degrees, although the peak of the sound pressure level decreases by
few decibels.
Interestingly, the second harmonic pressure level of the difference frequency reduces by 10~dB or more.
Needless to say, the pressure amplitudes of the primary waves are
suppressed considerably near the beam axis.
Experimental verification is done using an airborne ultrasound
source with a 19.2-cm circular aperture.
キーワード (和) パラメトリックスピーカ / 超音波キャリア / 位相反転駆動 / 超音波曝露 / / / /  
(英) Parametric loudspeaker / Primary wave / Out-of-phase driving / Ultrasonic exposure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 320, US2008-63, pp. 13-16, 2008年11月.
資料番号 US2008-63 
発行日 2008-11-20 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2008-63

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2008-11-27 - 2008-11-27 
開催地(和) 東海大学(清水校舎1号館2階会議室B) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2008-11-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キャリア超音波の音圧低減を目的としたパラメトリックスピーカ用位相反転駆動 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase Inversion Driving for Reducing Carrier Ultrasound of Parametric Loudspeaker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) 超音波キャリア / Primary wave  
キーワード(3)(和/英) 位相反転駆動 / Out-of-phase driving  
キーワード(4)(和/英) 超音波曝露 / Ultrasonic exposure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊地 哲 / Satoshi Kikuchi / キクチ サトシ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The University of Electro-Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 愛甲 英寿 / Hidetoshi Aiko / アイコウ ヒデトシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The University of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 友男 / Tomoo Kamakura / カマクラ トモオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The University of Electro-Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 英之 / Hideyuki Nomura / ノムラ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The University of Electro-Communications)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 新一 / Shinichi Sakai / サカイ シンイチ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The University of Electro-Communications)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-27 14:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2008-63 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.320 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2008-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会