電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-25 15:55
Dependency of Backscattering from Ocean Surface on Ocean Winds Observed by an Airborne SAR
Akitsugu NadaiToshihiko UmeharaTakeshi MatsuokaTatsuharu KobayashiSeiho UratsukaNICTSANE2008-80
抄録 (和) The normalized radar cross section (NRCS) of ocean surface in the L- and X-bands is measured from three directions of illumination by an airborne dual-frequency synthetic aperture radar (SAR), and the dependency of the NRCS and the polarization ratio on the relative wind direction is analyzed. In the X-band, the dependencies of the NRCSs in the parallel polarizations show different features each other. The NRCS in the X-band HH polarization has difference between the up- and down-wind conditions, though that in the VV polarization, the NRCSs for the up- and down-wind conditions are almost same. The dependency of the NRCS in the L-band on the wind direction is smaller than that in the X-band. The polarization ratio in the X-band shows the dependency on the wind direction with small difference between the up- and down-wind conditions, though that in the L-band is not apparent. The results suggest the possibility of ocean wind measurement using the polarimetric SAR in the X-band. 
(英) The normalized radar cross section (NRCS) of ocean surface in the L- and X-bands is measured from three directions of illumination by an airborne dual-frequency synthetic aperture radar (SAR), and the dependency of the NRCS and the polarization ratio on the relative wind direction is analyzed. In the X-band, the dependencies of the NRCSs in the parallel polarizations show different features each other. The NRCS in the X-band HH polarization has difference between the up- and down-wind conditions, though that in the VV polarization, the NRCSs for the up- and down-wind conditions are almost same. The dependency of the NRCS in the L-band on the wind direction is smaller than that in the X-band. The polarization ratio in the X-band shows the dependency on the wind direction with small difference between the up- and down-wind conditions, though that in the L-band is not apparent. The results suggest the possibility of ocean wind measurement using the polarimetric SAR in the X-band.
キーワード (和) 海上風 / レーダ散乱断面積 / 偏波比 / 合成開口レーダ / / / /  
(英) Ocean Winds / Radar Cross Section / Polarization Ratio / SAR / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 318, SANE2008-80, pp. 95-99, 2008年11月.
資料番号 SANE2008-80 
発行日 2008-11-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2008-80

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2008-11-24 - 2008-11-26 
開催地(和) Ba-Da-Guan Hotel(中国青島市) 
開催地(英) Ba-Da-Guan Hotel, Qingdao 
テーマ(和) WSANE 2008 (Workshop for Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
テーマ(英) WSANE 2008 (Workshop for Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2008-11-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dependency of Backscattering from Ocean Surface on Ocean Winds Observed by an Airborne SAR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海上風 / Ocean Winds  
キーワード(2)(和/英) レーダ散乱断面積 / Radar Cross Section  
キーワード(3)(和/英) 偏波比 / Polarization Ratio  
キーワード(4)(和/英) 合成開口レーダ / SAR  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 灘井 章嗣 / Akitsugu Nadai / ナダイ アキツグ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 俊彦 / Toshihiko Umehara / ウメハラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 建志 / Takeshi Matsuoka / マツオカ タケシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 達治 / Tatsuharu Kobayashi / コバヤシ タツハル
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦塚 清峰 / Seiho Uratsuka / ウラツカ セイホ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-25 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2008-80 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.95-99 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2008-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会