お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-21 09:55
帯域および利得可変マルチバンド差動増幅器
篠原利夫白田真樹坂本和良伊藤康之湘南工科大MW2008-134 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-134
抄録 (和) 帯域,利得およびバンド数を変化できる帯域通過型または帯域阻止型マルチバンド差動増幅器の設計,試作,評価結果について述べる.バラクタダイオードおよびトランジスタから構成される能動負荷回路をLC共振回路に装荷することにより帯域および利得を変化させ,さらにLC共振回路の共振周波数を制御することによりバンド数を変化させた.0.35 m SiGe HBTおよびC1V/C7V=4.2のバラクタダイオードを用いて1GHz帯の帯域通過型マルチバンド差動増幅器を設計,試作した結果,0.5~1.3GHzの周波数可変範囲,最大8.4dBの利得可変範囲が得られた.また同じく1GHz帯の帯域阻止型マルチバンド差動増幅器を設計,試作した結果,0.53~1.16GHzの周波数可変範囲,最大9.3dBの利得可変範囲が得られた.バンド数については1から2に変化させた. 
(英) Design, fabrication and performance of the frequency and gain tunable, multiple bandpass or bandstop differential amplifiers are presented. Active load circuits comprised of a varactor diode and a bipolar transistor are connected in parallel with LC resonators to achieve frequency and gain tunable performance. In addition, the individual resonant frequency of the LC resonator is adjusted to vary the number of matching bands. With the use of 0.35 m SiGe HBTs and C2V/C10V=2.5 varactor diodes, the implemented amplifiers show a frequency tunable range of 0.5 to 1.3GHz with a gain variation of 8.4dB for the bandpass amplifier as well as a frequency tunable range of 0.53 to 1.16GHz with a gain variation of 9.3dB for the bandstop amplifier. The number of bands can be changed from 1 to 2.
キーワード (和) 差動 / 増幅器 / SiGe HBT / マイクロ波 / 帯域可変 / 利得可変 / マルチバンド /  
(英) Differential / Amplifier / SiGe HBT / Microwave / Frequency Tunable / Gain Variable / Multi-band /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 311, MW2008-134, pp. 91-96, 2008年11月.
資料番号 MW2008-134 
発行日 2008-11-13 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-134 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-134

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2008-11-20 - 2008-11-21 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki-Univ. 
テーマ(和) マイクロ波シミュレータ/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2008-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域および利得可変マルチバンド差動増幅器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frequency and Gain Tunable, Multiple Bandpass or Bandstop Differential Amplifiers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動 / Differential  
キーワード(2)(和/英) 増幅器 / Amplifier  
キーワード(3)(和/英) SiGe HBT / SiGe HBT  
キーワード(4)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(5)(和/英) 帯域可変 / Frequency Tunable  
キーワード(6)(和/英) 利得可変 / Gain Variable  
キーワード(7)(和/英) マルチバンド / Multi-band  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 利夫 / Toshio Shinohara / シノハラ トシオ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SHonan IT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白田 真樹 / Masaki Shirata / シラタ マサキ
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SHonan IT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 和良 / Kazuyoshi Sakamoto / サカモト カズヨシ
第3著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SHonan IT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 康之 / Yasushi Itoh / イトウ ヤスシ
第4著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SHonan IT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-21 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2008-134 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2008-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会