お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-21 14:35
論文構成要素に着目した論文間関係把握支援手法の提案
白井宏和学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-55
抄録 (和) 本研究では,サーベイ支援を目的とした論文間関係の抽出・視覚化手法を提案する.効率的な論文探索方法の一つとして,「目的」,「手法」,「対象」など論文中の何らかの構成要素に着目し,論文を辿るという方法が考えられる.しかし,論文探索や論文間関係抽出に関する既存研究の多くは,これらの解析・評価を行う対象として,一つの論文全体を最小単位としているため,十分な精度が得られない場合が多く,ユーザの目視による探索とは,かけ離れているのが現状である.そこで本研究では,論文構成要素レベルで論文間関係を抽出する手法を提案する.これにより,論文間の関係を辿るようにして,よりユーザの探索視点に沿った効果的な論文探索の実現を目指す.本論文では主に,論文構成要素抽出とそれに基づく論文間関係抽出手法,および,その視覚的提示による論文探索支援の概略について述べる. 
(英) This research proposes a method for extracting the relationships among research papers for supporting surveys. Generally, it is one of the efficient ways of paper exploring to search valuable papers focusing on their components such as “research purposes”, “methods” and “targets”. However, almost all existing approaches on paper exploring and methods to extract the relationships among research papers target whole one paper as minimum unit of their analyses or evaluations. So, their accuracies are limited in many cases and are far from the exploring by users’ manual diagnoses. To solve this problem, this research proposes a method for extracting the relationships in their components level. This method aims to realize the effective research paper exploring along users’ viewpoints like following the relationships among papers. This paper mainly describes the extraction of the research paper components and the relationships among them, together with the outline of the survey support by the visual indications of the extracted relationships.
キーワード (和) 論文構成要素 / 論文間関係 / 論文探索 / サーベイ支援 / 情報視覚化 / / /  
(英) Research Paper Components / Relationships among Research Papers / Research Paper Exploring / Survey Support / Information Visualization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 315, ET2008-55, pp. 27-32, 2008年11月.
資料番号 ET2008-55 
発行日 2008-11-14 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-55

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-11-21 - 2008-11-21 
開催地(和) 北陸先端大 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育データの蓄積・共有技術と応用/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 論文構成要素に着目した論文間関係把握支援手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for Supporting the Understanding of the Relationships among Research Papers Focusing on their Components 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 論文構成要素 / Research Paper Components  
キーワード(2)(和/英) 論文間関係 / Relationships among Research Papers  
キーワード(3)(和/英) 論文探索 / Research Paper Exploring  
キーワード(4)(和/英) サーベイ支援 / Survey Support  
キーワード(5)(和/英) 情報視覚化 / Information Visualization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 宏和 / Hirokazu Shirai / シライ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 勝一 / Shoichi Nakamura / ナカムラ ショウイチ
第2著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 節雄 / Setsuo Yokoyama / ヨコヤマ セツオ
第3著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮寺 庸造 / Youzou Miyadera / ミヤデラ ヨウゾウ
第4著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Gakugei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-21 14:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-55 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会