お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-21 09:30
2周波共振回路を用いた供給電圧切替型デュアルバンド差動VCO
長谷川廣行白田真樹坂本和良伊藤康之湘南工科大MW2008-133 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-133
抄録 (和) 2周波共振回路を用いたデュアルバンド差動VCOの設計,試作,評価結果について述べる.複数の発振器または共振回路をスイッチで切り替える従来のマルチバンドVCOと異なり,単一の発振器,単一の共振回路を用いてマルチバンド特性を実現する.まずインダクタを装荷したバラクタダイオードをLC共振回路に接続することにより,2周波で共振させる.つぎにトランジスタへの供給電圧を切り替えることにより,発振バンドを切り替える.さらにインダクタを装荷したバラクタダイオードをスタック状に多段接続すると,マルチバンド化が可能になる.この手法を用いると複数個の発振器や共振回路さらにそれらを切り替えるスイッチが不要になり,マルチバンドVCOの小型・高性能・低廉化が実現できる.0.35μm SiGe HBTを用いてマルチバンドVCOを試作した結果,供給電圧3.5V,チューニング電圧4~6Vに対し0.95~1.12GHz (Band 1)の発振,また供給電圧が4V,チューニング電圧が4~6.5Vに対し2.38~2.67GHz (Band 2)の発振を確認した.100kHz離調での位相雑音はBand 1で-105dBc/Hz以下,Band 2で-95dBc/Hz以下であった 
(英) Design, fabrication and performance of the dual-band differential VCOs using a single dual-band resonator are presented. Contrary to the conventional multi-band VCOs switching several VCOs or resonators, it can realize multi-band performance by employing a single dual-band resonator and a switched supply voltage. With the use of this technique, a miniaturized size, better performance, and low cost can be achieved for the multi-band VCOs. The VCO demonstrates a dual-band performance of 0.95–1.12GHz (Band 1) with the supply voltage of 3.5V and the tuning voltage of 4 to 6V as well as 2.38–2.67 GHz (Band 2) with the supply voltage of 4V and the tuning voltage of 4 to 6.5V. The phase noise at 100kHz offset is better than -105dBc/Hz for Band 1 and -95dBc/Hz for Band 2.
キーワード (和) 差動 / VCO / SiGe HBT / マイクロ波 / 2周波共振回路 / マルチバンド / /  
(英) Differential / VCO / SiGe HBT / Microwave / Dual-band resonator / Multi-band / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 311, MW2008-133, pp. 85-90, 2008年11月.
資料番号 MW2008-133 
発行日 2008-11-13 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2008-133 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2008-133

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2008-11-20 - 2008-11-21 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki-Univ. 
テーマ(和) マイクロ波シミュレータ/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2008-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2周波共振回路を用いた供給電圧切替型デュアルバンド差動VCO 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Supply-Voltage Switching Dual-Band Differential VCOs Using Single Dual-Band Resonant 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動 / Differential  
キーワード(2)(和/英) VCO / VCO  
キーワード(3)(和/英) SiGe HBT / SiGe HBT  
キーワード(4)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(5)(和/英) 2周波共振回路 / Dual-band resonator  
キーワード(6)(和/英) マルチバンド / Multi-band  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 廣行 / Hiroyuki Hasegawa / ハセガワ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan IT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白田 真樹 / Masaki Shirata / シラタ マサキ
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan IT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 和良 / Kazuyoshi Sakamoto / サカモト カズヨシ
第3著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan IT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 康之 / Yasushi Itoh / イトウ ヤスシ
第4著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan IT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-21 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2008-133 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2008-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会