お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-21 15:15
周波数領域両耳聴モデルによる音源分離性能における定量評価 ~ 音源方向への依存性についての検討 ~
冨田美奈子シャリファ サウン苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2008-99
抄録 (和) 音源分離の手法には様々なものが提案されてきたが, その分離性能の評価は, 他との比較やコストの面を考慮すると定量的かつ人間の知覚モデル, 心理音響モデルについて考慮された手法を用いることが好ましいと考えられる。
本報告では, 周波数領域両耳聴モデル (Frequency domain binaural model:FDBM) の音源分離性能, 特に音源方向への依存性について検討するため, 物理尺度や心理音響モデルを考慮した客観評価を行った。
この評価により, ターゲット音源方向を固定し雑音源をいくつかの異なる方向に配置した場合にも音源分離に対する評価に大きな違いは生じず, 音源方向への依存性は低いことが確認された。 
(英) Various approaches for sound source segregation have been proposed.
And the performance of these sound source segregation techniques should be evaluated by quantitative and objective methods that take into account perceptual model and psychoacoustics model, considering comparison with others and cost of time and effort.
In the report, signal segregation performance by means of the frequency domain binaural model (FDBM) is evaluated by some objective methods to discuss the dependency on the sound sources directions.
The evaluation results show that the performance of the FDBM is dependent little on the directions of sound sources.
キーワード (和) 周波数領域両耳聴モデル / 音源分離 / 定量評価 / / / / /  
(英) The Frequency Domain Binaural Model / Sound Source Segregation / Quantitative Evaluation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 306, EA2008-99, pp. 87-92, 2008年11月.
資料番号 EA2008-99 
発行日 2008-11-13 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-99

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-11-20 - 2008-11-21 
開催地(和) 大分大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域両耳聴モデルによる音源分離性能における定量評価 
サブタイトル(和) 音源方向への依存性についての検討 
タイトル(英) Quantitative evaluation of sound source segregation performance by means of the frequency domain binaural model 
サブタイトル(英) Dependency on directions of sound sources 
キーワード(1)(和/英) 周波数領域両耳聴モデル / The Frequency Domain Binaural Model  
キーワード(2)(和/英) 音源分離 / Sound Source Segregation  
キーワード(3)(和/英) 定量評価 / Quantitative Evaluation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 美奈子 / Minako Tomita / トミタ ミナコ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) シャリファ サウン / Sharifah Saon / シャリファ サウン
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐川 毅 / Tsuyoshi Usagawa / ウサガワ ツヨシ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-21 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-99 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会