お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-21 11:05
遠隔教育システム設計のためのデザインパターン
長谷川 忍但馬陽一間藤真人宮下和子安藤敏也北陸先端大ET2008-51
抄録 (和) 持続可能な遠隔教育プログラムを実現するためのシステム設計方法論としてコミュニケーションモデルに基づくデザインパターンを提案する.デザインパターンとは,過去の実践に基づく効果的な遠隔教育システムの構成要素を教育的な要求要件とシステム技術要素を組み合わせて表現したものである.本稿ではデザインパターンに基づく遠隔教育システム設計支援の枠組みとその波及効果について,過去の事例の分類と新たな設計案件への適用事例を通して議論する. 
(英) The main topic addressed in this paper is to propose a design methodology called "Design Pattern" based on a communication model in order to realize sustainable distance education system. The design pattern for distance education system is a communication model by combining educational restriction/requirements and system components. This paper describes an overview of the design pattern and discusses on a case study for analyzing and designing real-time distance education system using the design pattern approach.
キーワード (和) 遠隔教育システム / デザインパターン / ユースケース / システムコンポーネント / 設計支援 / / /  
(英) Distance Education System / Design Pattern / Use Case / System Component / Design Support / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 315, ET2008-51, pp. 5-10, 2008年11月.
資料番号 ET2008-51 
発行日 2008-11-14 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-51

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-11-21 - 2008-11-21 
開催地(和) 北陸先端大 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育データの蓄積・共有技術と応用/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠隔教育システム設計のためのデザインパターン 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Framework of Design Pattern for Distance Education System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔教育システム / Distance Education System  
キーワード(2)(和/英) デザインパターン / Design Pattern  
キーワード(3)(和/英) ユースケース / Use Case  
キーワード(4)(和/英) システムコンポーネント / System Component  
キーワード(5)(和/英) 設計支援 / Design Support  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 忍 / Shinobu Hasegawa / ハセガワ シノブ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 但馬 陽一 / Youichi Tajima / タジマ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 間藤 真人 / Masato Matou / マトウ マサト
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 和子 / Kazuko Miyashita / ミヤシタ カズコ
第4著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 敏也 / Toshiya Ando / アンドウ トシヤ
第5著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-21 11:05:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-51 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会