電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-20 19:05
予備系を必要としないPON冗長方式
小原一歩堀内幸夫KDDI研OCS2008-97
抄録 (和) 本稿では,予備系OLTを必要としないOLT冗長方式を提案する.提案方式では,2系統のPONを光スプリッタと光カプラを用いて接続し,一方のOLTに障害が起こった場合,もう一方のOLTが2系統分のONUを収容できるようにする.また本稿では,2系統のEPONシステム(2台のOLTおよび64台のONU)を用いて,提案方式における切替時間を測定した. 
(英) A new PON protection architecture has been proposed. In this architecture, two PON systems are combined with optical splitters and optical switches as such that one OLT can accommodate all of ONUs when failure occurs at the other OLT. This paper also has reported that our experiments have confirmed the feasibility of the proposed architecture and has reported the fault time.
キーワード (和) Passive Optical Network / PON / EPON / 冗長 / / / /  
(英) Passive Optical Network / PON / EPON / Redundancy / Protection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 309, OCS2008-97, pp. 71-74, 2008年11月.
資料番号 OCS2008-97 
発行日 2008-11-13 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2008-97

研究会情報
研究会 OFT OCS ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2008-11-20 - 2008-11-21 
開催地(和) 日本文理大学 湯布院研修所 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2008-11-OFT-OCS-BCT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 予備系を必要としないPON冗長方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PON protection architecture without spare OLT(s) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Passive Optical Network / Passive Optical Network  
キーワード(2)(和/英) PON / PON  
キーワード(3)(和/英) EPON / EPON  
キーワード(4)(和/英) 冗長 / Redundancy  
キーワード(5)(和/英) / Protection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 一歩 / Kazuho Ohara / オハラ カズホ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 幸夫 / Yukio Horiuchi / ホリウチ ユキオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-20 19:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2008-97 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.309 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2008-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会