お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-20 10:00
次世代所内光配線・管理技術
青笹真一宇留野重則和氣正樹榎本圭高東 裕司NTTOFT2008-50
抄録 (和) 2010年2000万光アクセスの実現を背景とした光アクセスサービスの急速な普及により、所内光配線技術および管理技術の重要性が高まっている。本稿では運用コスト低減と高い安全性を実現可能なHAFを用いた所内光配線技術、LEDおよびRF-IDを用いた識別技術について報告する。 
(英) Due to spread of optical access service targets the realization of the optical access network with 20 million subscribers by 2010, the importance of optical distribution and management system in central office tends to increase. In this paper, we introduce optical distribution technologies employ Hole Assisted Fiber (HAF) and facilities identification technologies employ RF-ID and LED which can realize reliable and safety.
キーワード (和) ホールアシストファイバ / RF-ID / LED / IDM / 所内光配線 / 識別技術 / HAF /  
(英) Hole Assisted Fiber / RF-ID / LED / Integrated Distribution Module / Optical Distribution / Indentification technique / HAF / IDM  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 310, OFT2008-50, pp. 19-22, 2008年11月.
資料番号 OFT2008-50 
発行日 2008-11-13 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2008-50

研究会情報
研究会 OFT OCS ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2008-11-20 - 2008-11-21 
開催地(和) 日本文理大学 湯布院研修所 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2008-11-OFT-OCS-BCT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代所内光配線・管理技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Next generation optical distribution and management system in central office 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホールアシストファイバ / Hole Assisted Fiber  
キーワード(2)(和/英) RF-ID / RF-ID  
キーワード(3)(和/英) LED / LED  
キーワード(4)(和/英) IDM / Integrated Distribution Module  
キーワード(5)(和/英) 所内光配線 / Optical Distribution  
キーワード(6)(和/英) 識別技術 / Indentification technique  
キーワード(7)(和/英) HAF / HAF  
キーワード(8)(和/英) / IDM  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青笹 真一 / Shinichi Aozasa / アオザサ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Nippon Telegraph and Telephone Corporation)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇留野 重則 / Shigenori Uruno / ウルノ シゲノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Nippon Telegraph and Telephone Corporation)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和氣 正樹 / Masaki Waki / ワキ マサキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Nippon Telegraph and Telephone Corporation)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 圭高 / Yoshitaka Enomoto / エノモト ヨシタカ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Nippon Telegraph and Telephone Corporation)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 裕司 / Yuji Azuma / アズマ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Nippon Telegraph and Telephone Corporation)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-20 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2008-50 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2008-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会