電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-19 13:25
UHF帯パッシブRFIDタグの近接時における通信距離変化の解析
田中 優楳田洋太郎田久 修東京理科大)・中山真知子児玉一成トッパン・フォームズAP2008-112
抄録 (和) UHF帯RFIDタグ同士が近接すると通信距離が低下する.その原因として,タグのアンテナインピーダンスが変化し,タグのICとの不整合による電力損失が生じることが挙げられる.この時の整合状況の変化を用いてタグの入射電力と反射電力を算出することにより,上り・下りのリンクのどちらで通信距離が制限されるかを,タグ間の距離依存性から明らかにする手法を提案した.この手法を用いることにより,実験に用いたタグでは上りのリンクにより通信距離が制限されていることが分かった.また,通信距離のタグ間の距離依存性のみにより,タグのICインピーダンスの存在範囲を限定できることが示された.本手法は,タグ近接時の上り・下りのリンクの通信距離のバランスを取る設計を行うための実験的な検証手法として,及びタグ近接時の通信距離低下を軽減するための設計手法として有効であると考えられる. 
(英) Approach of UHF band RFID tags will produce an electromagnetic interference. Then, the electric power loss by mismatching with tag IC occurs by change of the antenna impedance of a tag, and, as a result, transmission distance decreases. The technique of showing clearly by which transmission distance shall be restricted between downlink and uplink from the distance dependence between tags was proposed. It is thought that this is effective as the experimental verification technique for performing the design which maintains going up of the tag at the time of tag proximity and the balance of transmission distance from which it gets down, and the design technique which reduces the decrease of the transmission distance at the time of tag proximity.
キーワード (和) RFID / UHF / タグ / リーダ / アンテナインピーダンス / 相互結合 / /  
(英) RFID / UHF / Tag / Reader / Antenna Impedance / Mutual Coupling / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 304, AP2008-112, pp. 7-12, 2008年11月.
資料番号 AP2008-112 
発行日 2008-11-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2008-112

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2008-11-19 - 2008-11-21 
開催地(和) 金沢工業大学 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) アダプティブアンテナ、MIMOおよび無線信号処理技術、無線通信一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, MIMO, RF Signal Processing , etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2008-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UHF帯パッシブRFIDタグの近接時における通信距離変化の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Change of Transmission Distance for Close UHF Passive RFID Tags 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(2)(和/英) UHF / UHF  
キーワード(3)(和/英) タグ / Tag  
キーワード(4)(和/英) リーダ / Reader  
キーワード(5)(和/英) アンテナインピーダンス / Antenna Impedance  
キーワード(6)(和/英) 相互結合 / Mutual Coupling  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 優 / Yu Tanaka / タナカ ユウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楳田 洋太郎 / Yohtaro Umeda / ウメダ ヨウタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 真知子 / Machiko Nakayama / ナカヤマ マチコ
第4著者 所属(和/英) トッパン・フォームズ株式会社 (略称: トッパン・フォームズ)
Toppan Forms Co., Ltd. (略称: Toppan Forms)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 一成 / Kazunari Kodama / コダマ カズナリ
第5著者 所属(和/英) トッパン・フォームズ株式会社 (略称: トッパン・フォームズ)
Toppan Forms Co., Ltd. (略称: Toppan Forms)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-19 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2008-112 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.304 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2008-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会