電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-16 10:00
An Innovation of Particulate Reinforced Alumina and Acrylic Rubber Composite Materials
N. TangboriboonP. WongpinthongN. UttanawanitM. LongthongKasetsart Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-91
抄録 (和) Alumina particles reinforce in polar acrylic rubber to obtain ionic polymer composite materials to be used as effective electroactive polymer actuators, artificial muscles, and smart engineering devices. The received SEM micrographs explain that the alumina particles intercalated uniformly in acrylic rubber matrix. Effect of particle size distribution and particulate volume fraction induce dipole moment and polarization applied an electrical field. With Al2O3 particulate volume fractions nearly 0.12360, embedded in acrylic rubber matrix, the electrical conductivity increases from 10-9 to 10-5 (Ω.m)-1 at 1 MHz and the ER properties, G'ο; and G'2kV/mm, under the oscillatory shear mode, of pure acrylic rubber and acrylic rubber with alumina volume fraction 0.12360 are 9533, 9775, 62986, and 65990, respectively. The modulus increases by nearly a factor of seven as the electrical field strength is varied from 0 to 2 kV/mm. Our acrylic rubber (AR71)/alumina (Al2O3) composite materials can be successfully properties of practical interest such as large compliance flexibility, and better resistance to mechanical shock in terms of a coupling mechanical and electrical properties. 
(英) Alumina particles reinforce in polar acrylic rubber to obtain ionic polymer composite materials to be used as effective electroactive polymer actuators, artificial muscles, and smart engineering devices. The received SEM micrographs explain that the alumina particles intercalated uniformly in acrylic rubber matrix. Effect of particle size distribution and particulate volume fraction induce dipole moment and polarization applied an electrical field. With Al2O3 particulate volume fractions nearly 0.12360, embedded in acrylic rubber matrix, the electrical conductivity increases from 10-9 to 10-5 (Ω.m)-1 at 1 MHz and the ER properties, G'ο; and G'2kV/mm, under the oscillatory shear mode, of pure acrylic rubber and acrylic rubber with alumina volume fraction 0.12360 are 9533, 9775, 62986, and 65990, respectively. The modulus increases by nearly a factor of seven as the electrical field strength is varied from 0 to 2 kV/mm. Our acrylic rubber (AR71)/alumina (Al2O3) composite materials can be successfully properties of practical interest such as large compliance flexibility, and better resistance to mechanical shock in terms of a coupling mechanical and electrical properties.
キーワード (和) Composite Materials / Electrorheology / Polarization / Dispersion / / / /  
(英) Composite Materials / Electrorheology / Polarization / Dispersion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 296, EMD2008-91, pp. 105-108, 2008年11月.
資料番号 EMD2008-91 
発行日 2008-11-08 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2008-11-15 - 2008-11-16 
開催地(和) 東北文化学園大学(仙台) 
開催地(英) Tohoku Bunka Gakuin University (Sendai) 
テーマ(和) 国際セッションIS-EMD2008 
テーマ(英) International Session on Electro-Mechanical Devices 2008 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2008-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Innovation of Particulate Reinforced Alumina and Acrylic Rubber Composite Materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Composite Materials / Composite Materials  
キーワード(2)(和/英) Electrorheology / Electrorheology  
キーワード(3)(和/英) Polarization / Polarization  
キーワード(4)(和/英) Dispersion / Dispersion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) N. Tangboriboon / N. Tangboriboon /
第1著者 所属(和/英) Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) P. Wongpinthong / P. Wongpinthong /
第2著者 所属(和/英) Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) N. Uttanawanit / N. Uttanawanit /
第3著者 所属(和/英) Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) M. Longthong / M. Longthong /
第4著者 所属(和/英) Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
Kasetsart University (略称: Kasetsart Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-16 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2008-91 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.105-108 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2008-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会