電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-16 13:40
Analytical Model of Melting Phenomena for Breaking Relay Contacts
Noboru WakatsukiNobuo TakatsuToshiteru MaedaTakayuki KudoIshinomaki Senshu Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2008-97
抄録 (和) Using the transient current switch circuit in parallel with the energizing contacts, the slow decay of the contact current due to thermal fusion of metal was observed just after the contact voltage exceeded the melting contact voltage Um. At that time, the contact voltage was higher than the boiling contact voltage Ub. These results contradict Holm’s φθ theory. A new melting model of breaking mechanical contact is proposed. The area surrounding a cluster of contacting a-spots melts, the melt metal diffuses, and the contact spot thermally shrinks. Including the metal phase transition from solid to liquid, the increase of contact resistance is introduced to the electric circuit analysis. The numerical analysis agrees qualitatively with measured V-I characteristics. 
(英) Using the transient current switch circuit in parallel with the energizing contacts, the slow decay of the contact current due to thermal fusion of metal was observed just after the contact voltage exceeded the melting contact voltage Um. At that time, the contact voltage was higher than the boiling contact voltage Ub. These results contradict Holm’s φθ theory. A new melting model of breaking mechanical contact is proposed. The area surrounding a cluster of contacting a-spots melts, the melt metal diffuses, and the contact spot thermally shrinks. Including the metal phase transition from solid to liquid, the increase of contact resistance is introduced to the electric circuit analysis. The numerical analysis agrees qualitatively with measured V-I characteristics.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Transient current switch circuit / Melting contact voltage / Electromagnetic relay, / Arc ignition / Electric contacts / Melting model / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 296, EMD2008-97, pp. 129-132, 2008年11月.
資料番号 EMD2008-97 
発行日 2008-11-08 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2008-11-15 - 2008-11-16 
開催地(和) 東北文化学園大学(仙台) 
開催地(英) Tohoku Bunka Gakuin University (Sendai) 
テーマ(和) 国際セッションIS-EMD2008 
テーマ(英) International Session on Electro-Mechanical Devices 2008 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2008-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analytical Model of Melting Phenomena for Breaking Relay Contacts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Transient current switch circuit  
キーワード(2)(和/英) / Melting contact voltage  
キーワード(3)(和/英) / Electromagnetic relay,  
キーワード(4)(和/英) / Arc ignition  
キーワード(5)(和/英) / Electric contacts  
キーワード(6)(和/英) / Melting model  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若月 昇 / Noboru Wakatsuki / ワカツキ ノボル
第1著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高津 宣夫 / Nobuo Takatsu / タカツ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 敏輝 / Toshiteru Maeda / マエダ トシテル
第3著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 孝之 / Takayuki Kudo / クドウ タカユキ
第4著者 所属(和/英) 石巻専修大学 (略称: 石巻専修大)
Ishinomaki Senshu University (略称: Ishinomaki Senshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-16 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2008-97 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.129-132 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2008-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会