電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-11-13 17:35
断続的接続環境における許容待機時間付きオーバーレイルーティング
山田裕也九工大)・田村 瞳内田真人鶴 正人NICT/九工大)・尾家祐二九工大CQ2008-50
抄録 (和) ネットワーク資源の有効利用や負荷分散を実現するトラヒックエンジニアリング(TE)のひとつとしてオーバレイルーティングがある.一般的なオーバレイルーティングでは,トラヒック到着時に,その使用経路としてデフォルト経路と迂回経路のうち品質が良いものを即座に選択する.しかし,無線通信技術の普及により,アンダーレイネットワークにおいて,接続性が断続的であったりパケットロスが頻繁に発生するといった不安定な環境が増加してきた.このように不安定な環境において従来のオーバレイルーティングを適用する場合,迂回経路を過剰に利用することにより,迂回経路上のトラヒックへ悪影響が生じる可能性がある.また,ISPのコスト構造を無視したトラヒックが発生するといった悪影響も懸念される.そこで本論文では,デフォルト経路の品質劣化時は,トラヒック到着時に利用経路を即座に選択せずに,経路決定までの許容待機時間 (Acceptable Waiting Time, AWT) を有する新しいオーバレイルーティング手法を提案する.シミュレーション評価により,不安定な通信環境における提案手法の有効性を示した. 
(英) Overlay routing can be used as a Traffic Engineering (TE) technique to realize efficient resource utilization and load balancing in the current wired Internet. Conventional overlay routing uses a detour path immediately upon quality degradation of the default path. However, with the widespread use of mobile and wireless communication technologies, conventional overlay routing faces several significant challenges such as intermittent connectivity and high packet loss rate resulting from the instability of network environments. For instance, in unstable network environments, conventional overlay routing results in excessive use of detour paths, thereby negatively impacting other traffic on the detour path, and the generation of undesirable traffic that compromises the cost structure expected by ISPs. Therefore, this paper proposes a novel TE technique based on overlay routing that has an Acceptable Waiting Time (AWT), which allows the overlay node to await the quality recovery of the default path, instead of employing the detour path immediately upon the quality degradation of the default path. Simulation results show that the proposed scheme can deal with instability of path condition.
キーワード (和) オーバーレイルーティング / トラヒックエンジニアリング / 劣通信環境 / 許容待機時間 / DTN / / /  
(英) Overlay Routing / Traffic Engineering / Challenged Network / Acceptable Waiting Time / DTN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 287, CQ2008-50, pp. 27-32, 2008年11月.
資料番号 CQ2008-50 
発行日 2008-11-06 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2008-50

研究会情報
研究会 ICM CQ NS  
開催期間 2008-11-13 - 2008-11-14 
開催地(和) 日本大学(郡山) 
開催地(英) Nihon University 
テーマ(和) NW管理,次世代NWアーキテクチャ,次世代NWのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバレイネットワーク,次世代NWサービス品質, 一般 
テーマ(英) NW management, Next generation NW architecture, Next generation NW operation architecture, traffic measurement/modeling/quality, overlay network, Next-Generation NW QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2008-11-ICM-CQ-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 断続的接続環境における許容待機時間付きオーバーレイルーティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overlay Routing with Acceptable Waiting Time for Intermittently Connected Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバーレイルーティング / Overlay Routing  
キーワード(2)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(3)(和/英) 劣通信環境 / Challenged Network  
キーワード(4)(和/英) 許容待機時間 / Acceptable Waiting Time  
キーワード(5)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 裕也 / Yuya Yamada / ヤマダ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/九州工業大学 (略称: NICT/九工大)
National Institute of Information and Communications Technology/Kyushu Institute of Technology (略称: NICT/Kyushu Inst. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 真人 / Masato Uchida / ウチダ マサト
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/九州工業大学 (略称: NICT/九工大)
National Institute of Information and Communications Technology/Kyushu Institute of Technology (略称: NICT/Kyushu Inst. of Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/九州工業大学 (略称: NICT/九工大)
National Institute of Information and Communications Technology/Kyushu Institute of Technology (略称: NICT/Kyushu Inst. of Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie / オイエ ユウジ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-11-13 17:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2008-50 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2008-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会